国一覧 / name order

©2007-17 Kazuto & Azusa

ウェーチェンのマンション ...シンガポール

セントラルシンガポール:-
シンガポールの宿旅の間に2度も偶然に出会った偉大な人、ウェーチェン。シンガポールでは彼が投資で購入した素晴らしいマンションに滞在させてもらえ、この上ないシンガポール大満喫の日々。当初3泊の予定を、後のマレーシア観光を排除してまで1週間に延ばしてしまったほど(^^ゞ 世界196ヶ国を旅したウェーチェンの趣味の本棚は、世界中のロンリープラネット(旅するしないに関わらず常に集めているらしい)、世界中の興味ある読み物でいっぱい!

アル兄さんち ...クリスマス

プンサン:-
クリスマス、クリスマス島の宿ブライ兄さんの家に突然カナダから来客が来るとのこと。でも、クリスマス到着初日のハロウィンパーティーで特に和人を気に入ってくれていろいろな話をしたアル兄さんが、私たちを招いてくれました。広い広い一軒家はまるでセレブ生活気分! 1泊だけの滞在でしたが、会話も弾み、大変にリラックスもさせてもらえました。

ブライ兄さんち ...クリスマス

カンポン:-
クリスマス、クリスマス島の宿オーストラリア出身でここクリスマスで環境保全の仕事をするブライ兄さんと、同僚のタニヤ姉さんのシェアハウスにホームステイしました。旅好きブライ兄さんとの旅の写真観賞や、4人で食べる食事も楽しかったし、その他友人の皆さんと観光に行ったり、パーティーに誘っていただいたりと、楽しいクリスマス滞在ができました。海の目の前の家だけに名物アカガニが家屋に入ってきて可愛い♪

クアラルンプール国際空港 ...マレーシア

クアラルンプール:-
マレーシアの宿国際線と国内線を両方持つこの空港の、国際線チェックインカウンター前はいつもたくさんの人が寝ているだろう印象でした。壁や柱に電源が取れる場所もありますし、椅子で寝る人もいます。2時間制限つき無料wifiが飛んでいるので、持参PCがあると便利です。
【場所】クアラルンプール市内中心部からエアポートバスで1時間。


小野寺さん宅 ...タイ

バンコク:-
タイの宿兼ねてよりメールで交流していた小野寺さんはバンコクの会社にお勤めで長年バンコクにお住まい。静かな佇まいのお宅にはタイ人の素敵な奥様やお嬢様、そして愛犬含めて温かく私たちを招いてくれました。奥様の家庭料理教室は小野寺さんの日本語通訳つきですごく身になりましたし、夕食は隣家の方とも交流させてもらえ、1泊だけだったのに一生心に残る思い出ができて幸せです。今後もどうぞお付き合いを宜しくお願いします!

ホーチミン国際空港 ...ベトナム

ホーチミン:-
ベトナムの宿フィリピンのマニラからベトナムのホーチミン(サイゴン)へは夜のフライトで飛びました。到着ゲートからは追い出され出発ゲートには入れない、あまり寝る場所がない空港です。3階の喫茶フロアで寝ている人がいたので、ここなら大丈夫だろうと、同階のキッズコーナーにシーツを敷いて寝ました。
【場所】ホーチミン市街中心部より北西に7km。


マニラ国際空港 ...フィリピン

マニラ:-
フィリピンの宿マニラ到着が夜~、コワイコワイ!! こんな時間にお外に出るなんて出来ません!! というわけで空港泊は良い案だと思いますが、私たちはラッキーなことに到着が第3ターミナル。ここは非常に新しい場所で(現時点でテナント入れる工事中なほど)、設備がきれいなんです。第1は古くて実際に寝た人のレビューは悪かった。ここはwifiも入るし「眠らない空港」は飲食店も何時でも営業していて、有難いです。写真中央柱前が私たち。

ベニーおじさんち ...マレーシア

ラワス:-
マレーシアの宿ブルネイ国境を出てすぐのところにお酒をたんまり飲める食堂がありました。そこで「バスは何時に来ますか」と尋ねたところ、飲んでいたおじさんが「仕事帰りにここに寄るから連れていってあげるよ」と言ってくれ、更に「うちに泊まっていっていいからね」と言ってくれました。ブルネイ軍人とたんまりビールを飲んだ挙句、おじさんのトラックの中でも、そしてラワスに到着後もたんまりビールを振舞われ、久々によく飲みました。ありがとう!

コタキナバル国際空港 ...マレーシア

コタキナバル:-
マレーシアの宿ジャカルタ夕方発、更に時差+1時間。コタキナバルに着いたら夜遅い時間です。到着したのは第2ターミナル、小規模だけれども、2階(ケンタッキーの前)には結構寝心地の良い、動かせる椅子が並んでいて、しかも電源が取れます。ケンタ営業時間中は無料wifiでネットできます。ただ期待していたケンタが夜にはほとんど売り切れで、他の店もなく、食べ物が買えないことに注意。
【場所】コタキナバル市内中心部から南西に8kmと近い。


旅行会社社長の家 ...パプアニューギニア

マウントハーゲン:-
パプアニューギニアの宿あら素敵! 最初に泊まったところ(≫こちら)はシンシン(部族祭り)の時期は強盗だの発砲事件の場だの大変なことになる(少なくとも昨年は命の危険があった)ため、別宅を立てた旅行会社社長の元邸宅に移ったらいいという提案をいただきました。家具も日用品もそのまま残る良い家。セキュリティーも万全の安全を得られたことが、本当に有難かった。

旅行会社職員宿舎 ...パプアニューギニア

マウントハーゲン:-
パプアニューギニアの宿あら素敵! マウントハーゲンでは旅行会社支配人のドゥウェン兄さんの家にホームステイと思っていたら、職員宿舎に泊まれることになりました。リビング、キッチン、バストイレ、寝室つきの戸建です。しかし治安にすこぶる問題のある国で世界から旅行者が集まるシンシン(部族祭り)の時期には、お金が集まると踏んだ強盗が強奪に入り、昨年は銃撃戦にもなった・・・。そこで・・・、次の宿(≫こちら)に続く。

カレン姉さんち ...オーストラリア

ケアンズ:-
オーストラリアの宿カレン姉さんはトロイ兄さん(≫こちら)の友人で、トロイ兄さんが紹介してくれました。日本に4年住んでいたカレンは日本語が今も上手で、ずっと日本語で交流してくれました。この家はオーストラリア人女性3人の住むシェアハウスで、私たちも受け入れてもらえ、就寝はリビングにお布団を敷いてもらえました。

« 前 次 »
★価格帯別一覧
 10000円以上
 8000円以上
 7000円以上
 6000円以上
 5000円以上
 4500円以上
 4000円以上
 3500円以上
 3000円以上
 2500円以上
 2000円以上
 1500円以上
 1000円以上
 500円以上
 500円未満
 無料泊
 乗り物泊
 ドミ泊
 持参テント泊
 キッチン開放(民家除く)

2人分1泊の価格区分です。

・・・「1泊3000円出せばまずまずのところに泊まれるのね」とか、「1泊数百円だと私にはきついわ」とか、「3000円切るとアフリカでは部屋なのにヨーロッパだとキャンプなのね」とか、「このあたりの国ではテント泊の出番はないのね」とか、いろんな推測をご自由にどうぞ(^-^)

テントは出発時から192ヶ国目フィジーまで所持していました。