2016-7 イタリア、バチカン、マルタ

スリーマ→バレッタ→ルカ(マルタ空港)→ピサ


今日は移動日です。
スリーマSliemaからマルタ空港行きのバス(路線X2)に乗れば、乗り換えなしで空港へ行けるので便利です♪

定刻から10分過ぎた。
バスが来ない。

まだ来ない。

来ない。



?(・・* オヨヨ?

待っても待ってもバスが来ない。
いや、他の路線はじゃんじゃん来る。
空港へ行くX2バスが、なぜだ? 来ない。

昨日の日記の末尾に、「リビアで旅客機ハイジャック、マルタに着陸、犯人投降で終結」という事件があったことを書きました。マルタ空港は混乱した模様です。だから今日は、念のため、予定より1時間早く宿を出て、ゆとりを持って空港へ向かうようにしています。その「念のため」が的中してしまったのかもしれません。

ともあれ、直行バスはあきらめ、バレッタValetta行きのバスに乗ることに急遽予定を変更し、バスを乗り継いで空港へ行くことにしました。バレッタのバスターミナルに空港行きのバスが来ていたのを見たときは、ほっと胸をなでおろしたものです。

でも、空港に着いてみると、何の騒ぎも混乱もなく、いたって平穏で、拍子抜けしちゃいました。

 * * *

今日はクリスマスイブです。
空港はクリスマスの飾りつけがなされ、また空港職員が大鍋にホットワインを作り、空港利用客に無料でふるまっていました。同時に配られた「ジンジャークッキー」を見たとき、ここはヨーロッパのキリスト教国家なのだなと再認識しました。

マルタに来るときは、イタリアのローマRomaから来ました。でも、マルタから帰る今日は、マルタ→ピサPisa路線を選んでいます。いい感じ! マルタから国際線でダイレクトにイタリアの地方都市に行けるだなんて、素敵です。

ところで、小麦粉の生地を平らにしてトマトソースやチーズを乗せて焼く料理は、イタリア語で「ピッツァ」ないし「ピッツェ」でも日本語では「ピザ」です。斜塔で有名なイタリアの都市はイタリア語で「ピザ」で日本語で「ピサ」です。なんだろうこの微妙なずれ具合(^^ゞ 言葉って、面白いですよね。

・・・あ、話がそれました(^^ゞ
ここでは日本語の通例に倣い、都市名を「ピサ」と書くことにしておきます。

 * * *

ピサ空港に無事に到着。
マルタもイタリアもシェンゲン協定内なので、入国に際しパスポートチェックはありません。

また、ピサは驚くことに空港と主要駅(ピサ中央駅)が歩いていける距離(徒歩10分)で、駅の向こう側はすぐにピサの城壁内部です。有名な斜塔は城壁内部にあり、私たちが泊まる宿も城壁内部にあります。

今日がクリスマスイブということは、冬至と日没時刻がほぼ同じ。一年で最も日が短い時期ですね。宿にチェックインし、宿に荷物を置いて外に出たらもう午後4時。夏なら夜8時くらいまで明るいのでしょうけれど、もう太陽が沈む頃になっていて、急いで斜塔へ向かって、写真を撮ったり眺めたりしました。「倒れそう~(汗)」と思うのかと思いきや、きちんと重心がハマっていて、安定しているように見えたのが意外でした(笑)。

pisa