北東アジア周遊

Day28 ビロビジャン

 アンドレ夫婦は朝早くから仕事に出かけた。のんびりしてて良いといってもらったので、午前中は家でゆったり過ごした。
 昼前に街に出る。まずは博物館へ。珍しく外国人料金が残っている。初めてロシアに来た頃はどの博物館にも外国人料金があり、入場料は信じがたいほど高かった。地元民料金の100倍なんて場所がままあって、入り口で引き返すことが何度もあったのだ。今回は外国人料金がなくなっており、入場料がそう負担に感じず、博物館にはよく入っている。ここで外国人料金を見て一瞬迷ったが、地元民料金の3-4倍で500円くらいだったので、入場する。非常に小規模な博物館で、表示もロシア語のみ。こんな博物館で外国人料金を取るなと思うが、地方都市なので昔の制度をそのまま続けているだけで仕方ないのだろう。
 博物館のあと、シナゴーグの隣にある食堂に。街で唯一イディッシュ語表示のある店であるが、メニューはロシア料理だった。
16/08/18 11:49:24
 壁におもしろい絵が何枚もかかっており、内装も立派でレストランといっても良いクラスのカフェである。
16/08/18 11:57:58
 昼のみやっているビジネスランチは割安で、昼間は全員がこれを注文していた。味も良く良い店だった。
16/08/18 12:00:20
 駅に行ってもう一度燭台モニュメントの写真を撮った。
16/08/18 12:43:50
 バスターミナルに行ってハバロフスク行きのバス時間をチェック。朝早くと午後にしかなく、明日の出発は列車に決めた。バスターミナルにある軽食堂にパックの弁当などがあり、おいしそう。
16/08/18 12:55:46
 市場に行ってみる。大きくて活気がある市場だ。
16/08/18 13:08:40
 いろんな人種の売り子がおり、写真左が中国人、真ん中と右が朝鮮人だ。
16/08/18 13:13:18
 ビーチに行ってみる。気温的には泳ぎたくなるが、水はあまりきれいではない。
16/08/18 14:26:34
 夕食は買ってきたペリメニ。
16/08/18 18:24:36
 そしてキノコのキムチ。
16/08/18 18:29:04
 夜はビールを飲みながらアンドレ夫妻と共に話を色々する。
*本日の宿:アンドレの家
*本日の移動 市内バスのみ