旅して » 世界246ヶ国 » 写真館 » 南部アフリカ » ナミビア »

ヒンバ族・暮らし

ヒンバ族は、ナミビア北部クネネ州の乾燥地に住み、伝統的な暮らしを守り続ける誇り高き民族である。

滞在した村:ビレッジと英語で説明されたが、チーフとその第一夫人一家、第2夫人一家、第3夫人一家だけが住んでおり、これで1軒の家ともいえる。

cimg3405.jpg

第一夫人家族の家と食器置き場

2lv_4263.jpg

隣村(家)の家:滞在した村の家は木造だが、ここは泥壁の家

2lv_4344.jpg

サークルの中心にある祈りの場

cimg3347.jpg

第一夫人家族の家の中。お洒落の道具でいっぱい。オプウォなどの街に出るときは目いっぱい着飾る。

2lv_4312.jpg

丘の上から見下ろす隣村(家):やはり1サークルが1軒の家で、このあたりのサークルを合わせて集落と考えるべきか。

2lv_4352.jpg

夕食:トウモロコシのみ。始めは茹でるだけで食べたが、味に変化を持たすために途中から焼いて、焼きトウモロコシにもする。皮を剥いているものと付いたままのものを一緒に茹でていた。

2lv_4404.jpg

牛とヤギの牧畜が生活の糧。男が放牧に出て、暗くなってから戻ってきていたので、朝になってその数にびっくりした。

2lv_4419.jpg

ナミビア

ウィントフック
北西部
ヒンバ族・暮らし
ヒンバ族・人
カバンゴ州、カプリピ州
エトーシャ
エロンゴ州
オマヘケ州
ハルダブ州1997
ハルダブ州2008
カラス州