旅して » 世界246ヶ国 » 写真館 » 東アジア » 日本 »

1.17

どうしても心が落ち着かず、明け方まで聖書の最後にある「黙示録」を何度も読み返し
「7つの災い」とは何なのかと、悩んでいた

答えが出るはずもなく、ベッドに入り、まもなく・・・

寝ていたベッド

95rp015
ふとんが見えている部分には大きなガラスのレコードケースが落下
抜け出すために退けたので写ってないだけ、全身打撲で痛かった
自室ではなかったので写っているのは私の持ち物ではない

自室

95rp002
本が散乱している所が本来寝ていたはずの場所
この震災で建物がゆがみ、今では隙間風が…

台所

95rp013
陶器は意外と割れない、ガラスはダメ

額縁

95rp016
こういうものは揺れに強い

屋根瓦

95rp011
車が通るとバリバリうるさいと思ったら…
雪のちらつく寒い朝でした

倒れた塀

95rp008
向こうの倒れていない部分はブロックに鉄筋を通してあり
こちら側はずっと新しいが、鉄筋のない手抜き工事(笑)
どちらも数十年前に父が自分で積んだもの

斜め向かいの建物

95rp009

一ブロック先の工場

95rp018
明るくなって落ち着いたところでカメラを持って出たが
あまりの惨状に、これ以降はシャッターを押せなかった

 最初の文で、誤解されると困るので書いておきます
 私は基本的に信仰心の欠けた人間で、強いて言えば、神道を好ましく思う仏教徒です。聖書をまじめに読んだのは、幼い頃以来この夜が初めてで、以降11年間一度もありません。
 地震の前兆が私に「黙示録」を読ませたのでしょう。震源から数キロの位置に住んでおり、前兆現象を感じた人は周りに何人もいます。

 震災10年の昨年は色々と取り上げられていた阪神淡路大震災ですが、11年目の今年はもう忘れ去られようとしていると感じ、このページを作成しました。
 1.17という題と写真から、「阪神淡路大震災」の写真だとすぐに分かってくれる人は、どのくらいの割合でいるだろう?

2006.1.17記

日本

メイン
宮城
神奈川
震災
. 1.17
. 2013宮城
. 2013岩手