2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » イエメン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» イエメン »
イエメン>2009年01月23日(Fri)
ガイダ
:: 旅624日め : 世界旅89ヶ国め : 和人217ヶ国め : あづさ109ヶ国め ::

■オマーン行きバスの出発日!
ガイダAl-Ghaydaの町に滞在して、オマーン行きバスを待っています。そして今日が出発日です。

ガイダの町

中東イエメンに来てから覚えた、この土地のアラビア語。教科書になるものも辞書もなく、文法なんて全然知らない。単語を並べるだけで旅を乗り切ろうとすることは、野蛮なことなんだけど、でも自分の中ではそんな稚拙なものでも上出来でした。昔モロッコでベルベル人に教わってきたアラビア語はアラビア半島では使えないものが多かった。物覚えが悪いので、教えてもらった単語を覚えるのは大変だった。でもなるべく地元の人とアラビア語で交流しようと心がけてきました。

アラビア語を頑張ろうと思った原動力は、その世界的な使用人口の多さです。「これからの旅でもアラビア語を使うことはたくさんある」とは、これは中東でのアラビア語を頑張ろうと思う、多分一番大きな理由だったんです。

イエメンでは英語を理解する人が本当に少なく、カタコトのアラビア語ばかりで奮闘してきましたが、そのイエメンがもう終わってしまうとなると、「苦戦の楽しさ」が、ちょっと名残惜しいです。実はオマーンに行ってしまうとかなりの人が英語話せてしまうので、それは楽だけれども寂しいくらいです。

それでは、今日の日記は、イエメンとのお別れ記念(?)に、「カタコトのアラビア語」で綴ってみようと思います^^

  * * *

アリヨーンジュマ。オマーンのイラサラーラSalalahなバアスヨム

イツナーシャまでゴルファで、マディナクワイエスフンドゥーク、「タジプラザ」で、アンディトルケラバアスシュワイエハリジャアブハツバアスも。


・・・アルヒヤ? リマザ


ヒナ・ガイダでは、マディナクワイエスフンドゥークラジュールも、アリンジュリージヤウラーです。サキーラアラビーで、タマームウラータマームか・・・、アリヨーンマーフィーバアスで、ボックライツニーヤノスアルヒヤです。サヒー

サワサワフンドゥークで、ボックラシュワイエ

ボックラウリードゥファルザイラオマーン!


<日本語ではこう言いたい>
今日は金曜日。オマーンのサラーラへ行くバスの出発日です!

昼まで部屋にいて、町一番の素晴らしいホテル、「タジプラザ」でチケット片手にバスを待ちます。時折外に出てバスを探したりも。


・・・来ないんですけど? どして?


ここガイダでは、町一番の高級宿のフロントの人も英語がカタコトも通じません。貧弱なアラビア語で、伝わったのか伝わらなかったのか・・・、どうやら今日はバスがなく、明日の2時半に変更となったようです。まじかいな。

また同じ宿に戻って、明日を待つことにしました。

明日はオマーンへ行きたいなぁ。

本日の旅
行動 :バス待ち、旅準備、旅計画
朝食 :なし(昼と兼用)
昼食 :サマック(大きなイサキを開いて焼いたもの)、ホブス(アラブの薄パン)、マラック(魚のゆで汁と野菜のスープ)、サハーウ(トマト玉ねぎ香草ヨーグルトのミキサーがけ)/ガイダの食堂
夕食 :フール(にんにくが利いたつぶし煮豆)、ホブス、シャイハリーブ(甘いミルクティー)/ガイダの食堂
宿泊 :アラサドホテルAl-ASAD Hotel

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1リアル=0.47円

*イエメンのガイダからオマーンへ行くバス
Gulf Transport社が週2便(火・金)にオマーンのサラーラへ行くバスを出している。町一番の宿「タジプラザ」の隣のビルの1階に入っている。タジプラザと同経営らしいので、タジプラザのフロントでもバスのことを問い合わせることができる。1人7オマーンリアルだが、私たちはイエメンリアルで払いたいと希望し、1人3500リアルの支払いとなった(ちょっとまけてもらったことになる)。カード使用不可。
カレンダー / calendar