2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » エストニア »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» エストニア »
エストニア>2007年06月22日(Fri)
★パルヌ
:: 旅43日め : 世界旅8ヶ国め : 和人206ヶ国め : あづさ30ヶ国め ::

■パルヌのマッドバス(泥風呂)
今日は朝から2人で別行動となりました。和人は宿で写真整理などをします。あづさはマッドバスに入るために必要なドクターチェックを受けに、「Sanatoorium Tervis」(サナトリウムテルビス)に行きました。Injury、Heart disease、Blood Pressure、Heart rate(ケガ、心疾患、血圧、心拍数)などのチェックを受け、問診はほんの数分で終了しました。

泥風呂はマッドセラピー(Mud Therapy、泥療法)としてこの地に伝わるものなのでしょう。サナトリウムには、足が悪く歩行が困難なおじさんや、肩を痛そうにしているおばさん、そしてきれいになりたいおねーさんなど、いろんな人がいました。

今日は和人は写真撮影係です。昼ごろサナトリウムに到着したらあづさのマッドバスが始まりました! ベッドに横になり、濃い色の粘土質の温かい泥がどぼどぼと体の上にかけられます。さらにシートで体を温かい泥ごと包み、更に毛布でくるむのです。すっかり泥と密着し、体は密閉されました。そうそう、アロマテラピーでもクレイパックとかありますよね。あれが全身に効く、そんなかんじでしょうか(^_^)

マッドセラピー

しばらくそのままゆっくり目をつむり、スーと一眠り。そして一眠りが覚めた頃、セルフですがクレイマッサージをし、泥をシャワーで洗い流しておしまいです。個人的には大満足のマッドバス、エストニアン文化の1つとして、体験できて本当に良かった! ついでにちょっと体中のおはだがきれいにつるつるになった気もする!

その後は、市内散策をし、エストニアン料理の店でお昼ごはんをいただきました(美味しさにはまったガマKAMAを再び♪)。

今日こそ本当に夏至です。夜まで夕食をずらして、夜中の夕焼けと共に2人で夏至パーティー! 夜12時の夕焼けは、今日も素晴らしかった。なんか、ずっと、忘れられないんじゃないかと思うくらいの美しさでした。
本日の旅
行動 :マッドバス体験、パルヌ観光
朝食 :バターパン、紅茶、コーヒー/宿
昼食 :PIKKPOISS(ピックロイス、大きなカツレツ(日本で言うハンバーグ)を切り分けたものにコールスローサラダとゆでじゃが添え)、KAMA(ガマ、昨日と同様)、HERNESUPP SUITSULIHA(ヘルネスプスイツリハ、コーン缶汁の風味がするじゃがいもにんじんベーコンのとろみスープ)/パルヌのレストラン
夕食 :赤ピーマン入りペペロンチーノ、スープ、レバーのにんにくソテー、ウォッカ、紅茶/宿
宿泊 :コンサKONSE
http://www.konse.ee
関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ
旅情報
1クローン=11円

*パルヌのマッドバス
ガイドブックや市内地図などに載っている「Mudaravila(ムダライラ)」のマッドバスは移転していた。移転先は「Sanatoorium Tervis」(サナトリウムテルビス)の2F。1人270クローン。事前(3日前以降、私は前日)にドクターの問診のアポイントを取る。当日は水着不要。
http://www.spa.ee
カレンダー / calendar