2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » オーランド »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» オーランド »
オーランド>2007年07月02日(Mon)
キビキュラ→ムナマキ→ライシオ→ヴオスナイネン→オーヴァ→ブランドゥ
:: 旅53日め : 世界旅10ヶ国め : 和人207ヶ国め : あづさ32ヶ国め ::

■世界207ヶ国目
まずは、この「日誌」のページの見出しにある、○○ヶ国めのところで、206が207になりました。内輪でスミマセンが(^^;; でもおめでとう!

そんなわけで、今日はオーランドAlandに移動します。

オーランドはかつてはスウェーデン領の島々でした。19世紀のスウェーデン-ロシア間の戦争によってフィンランドがロシアに併合された時、オーランドもロシア領となりました。その後、ロシア革命の時にフィンランドが独立することになったとき、住民はスウェーデンへの帰属を望んだものの、当時のフィンランド政府がそれを許しませんでした。現在のフィンランド政府はオーランドのスウェーデン復帰を認めていますが、住民の希望により、オーランドはフィンランド内で自治政府をもつ国となっています。

つまり、「民族はスウェーデン人でフィンランド領」ということです。

宜しければ地図をご覧下さい。
≫こちら

魅力的な国でしょう~、このてんてんてんとした、それこそ無数の島の数!
私たちはかつて、首都マリエハムンMariehamnへダイレクトに船で移動して、主島のみを観光するという案も考えていました。でも、無数の島からなるこの国の魅力は、てんてんとした離島にこそある! と思い、フィンランドから離島入りすることにしました。

朝、ティモおじさんに送ってもらってムナマキMynamakiへ。その後バスでライシオRaisioを乗り継いでフィンランド西端のヴオスナイネンVuosnainenへ移動し、フェリーに乗ってオーランドのオーヴァAvaに到着しました。

オーランド

オーヴァからはヒッチハイクでBrandoブランドゥのキャンプサイトまで移動できました。

キャンプサイトに荷物を置いたあとは、身軽にお散歩しましょ♪ 何もないところですが、小さなカフェ、小さな商店、小さな教会を見て歩きました。緑と青空が調和する景色の良さは、ただ歩くだけでも気持ちが良いですね。

でもオーランドの一番の見所は、やっぱり海に出て、てんてんてんと浮かぶ無数の島です。私たちはもちろん海辺もお散歩して、オーランドらしい風景を、楽しんでいました。

でも昨日はあまり寝ていないので、夕方からはテントの中ですっかり熟睡しちゃいました。
本日の旅
行動 :ティモおじさん家族とお別れ、フィンランド出国、オーランド入国。
朝食 :昨日と同様/ティモおじさんち
昼食 :サンドイッチ、バナナ、ゆで卵、ママがくれたリンゴジュース、生のグリーンピース/ブランドゥの宿
夕食 :なし(昨日睡眠不足で今日は夕方から寝てしまった)
宿泊 :ブランドゥストゥギュビーBrando Stugby
関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ
旅情報
1ユーロ=170円

*オーランドはスウェーデン語とフィンランド語が公用語。看板などはスウェーデン語が多い。英語もかなり通じる。

*フィンランドからオーランドへ
首都ヘルシンキやトゥルクからオーランドの首都マリエハムンへ船が出ているが、私たちはフィンランドの南西部ヴオスナイネンからオーランド北東部の離島オーヴァへフェリーで移動した。ちなみにパスポートチェック等はない。このフェリーを含め、オーランドでは島間フェリーが無料なのでありがたい。

*オーヴァのあるブランドゥ地方の情報
http://www.brando.ax

*なお、フィンランドからオーランドへ行くには、コルポから南東の島ケカールKokarという方法もある。
カレンダー / calendar