2016-7 イタリア、バチカン、マルタ

→ドーハ→フィウミチーノ→ローマ

羽田からカタールのドーハDohaで乗り継いで、ローマRomaに到着。日本からヨーロッパって遠いですよね、時差は8時間あります。例えば日本が朝5時でおはよーって頃にこちらは夜9時でおやすみーってなるわけから、まるで昼夜逆転のような状態です。しばらくは、あたりは夜になっても体は昼、という状態が続くのでしょうけれど、今日は、空港から宿の移動の途中で、ローマ観光を予定しています。

計画していたルートは、
サンタマリアマッジョーレ⼤聖堂(世界遺産)→オベリスコエスクイリーノ→黄金宮殿→コロッセオ(世界遺産)→コンスタンティヌスの凱旋門(世界遺産)→フォロロマーノ(世界遺産)→カンピドーリョ広場→トラヤヌスの市場→ヴィットーリオエマヌエーレ2世記念堂→パンテオン→トレビの泉→そして駅からメトロに乗って宿へと向かうフルコース(笑)、そんなの時間的に無理無理(笑)って、事前にも思うほどのボリューム満載です。もちろん、飛行機の到着が遅れることもあるでしょうから、ルートの中ではしっかりちゃっかり世界遺産登録物件を先に見るという観光順序を考えていました。

さあどこまで歩けるかな?
空港から特急に乗って1駅の、ローマテルミニ駅に着いて、外は寒いので防寒をしっかりしたら、ともあれ歩き始めましょう。
駅の周辺はいきなり黒人さんが多くてびっくり。ローマが国際都市であるのを感じるのと同時に、歩き始めたテルミニ駅周辺は黒人地区街なのだということを知りました。

まもなく世界遺産のサンタマリアマッジョーレ⼤聖堂に到着。・・・冬のローマは寒いけれど、荷物を全部背負って移動するから体が暖かいのはラッキーかもしれない。ところで、ローマの街は建築物1つ1つに歴史を感じ、街の石畳も素敵ですね。ローマって、すごいところですね。想像以上です。見るものに目を奪われながらも街を歩いて、予定通りのルートで、世界遺産登録物件の1つである、コロッセオと凱旋門に到着しました。

rome

・・・ここまできて、雨が強くなってきました。12月のローマですから、寒い、寒い。
冬の寒い中雨に打たれるのは、一層寒さが厳しく感じます。

一応頑張ってフォロロマーノを見たら、午後4時ごろ、辺りが暗くなってきました。そっか、冬のヨーロッパだものね、日没が早いのですね。ただ、午後4時に、もう暗いというのは意外でした。よって、本日の観光はこれにて終了です。

予定が立っていたおかげで、計画していた世界遺産登録物件の4つは全部見ることができましたし、まるきり満足です。

さあ、明日はいきなり、あのバチカンへ訪問します。
今回の旅の大きなお目当てでもある、「Holy Site」、聖なる国です。

しっかりとよく寝てから観光に臨むべき。

・・・なのに、到着した初日では体が時差に順応できていなくて、夜になって、ちょっと寝たものの、あっという間に目が冴えてしまい、そのまま朝を迎えてしまいました(苦笑)。