耐えてアフリカ~23カ国ひとり旅

耐えてアフリカ表紙

91年にアフリカ旅行した記録が、
「耐えてアフリカ・23カ国ひとり旅」
と題し鹿砦社より発売されています。

93年8月に自費出版、好評に付き重版
さらに好評に付き94年11月、第3版ではなく
正式な新刊書籍として鹿砦社より発売

 定価1800円


330ページの大ボリューム!(標準の1.5冊分)
約50点の写真と約10点の地図を挿入

 仕事を辞し、旅行ではない旅と呼べる初めての経験をしたアフリカ。最終的に世界中を巡る原点となる旅でした。
 湾岸戦争、マラリア、モザンビーク内戦、ザイールの内戦、強盗・・・・さまざまな苦労に耐えながら旅したアフリカ。苦労を助けてくれる笑顔の人々が住んでいるアフリカ。なぜか私をひきつけて止みません。
 今でもあらゆる場面が目に浮かびます。しかしもうあの頃のアフリカはありません。
 91年はソビエトの崩壊の年。湾岸戦争やユーゴの戦争の影に隠れ日本での報道はほとんどなかったようですが、東西のバランスが崩れアフリカ諸国は混乱に陥っていました。あちこちで戦争が起こり、戦争にならなくても色々なルールの変更に伴った社会不安があらゆる国でありました。そんな中で旅した記録です。

 96~97年に再び同じような国々を旅しましたが、すっかり変わっていました。今では本書のような苦労せずに、旅が出来ます。苦労は減っても、迎えてくれる人々の笑顔は、もちろん変わりません。これから旅に出ようという人はこれを読んでも、びびる必要はないので念の為。
 ただし「ザイールはやっぱりザイールのまま」、というのは91年と96年に訪れた友人の言葉。国名がコンゴ民主共和国に変わっても、あのザイールは変わらないらしい。(苦労の大半を占めるザイールが変化なしなら・・・)
ザイールは私の最も好きな国の一つ、少なくとも最も思いで深い国です。

 旅仲間からの好評は期待していた事ですが、驚いたのが旅行とは無縁の年配の方々から絶賛戴いたことです。
 点訳もして戴き、目の不自由な人にも読んで戴けているそうです。
 まだ読んでいない方、ぜひともご一読ください。

*ブログで紹介してくださった方がいます。こちらもぜひお目通しを!
So-glad life blog:秘境の旅を読む
***この紹介を書いてもらった時、この方は会ったこともない1読者でした。しかし・・・数ヵ月後、会う機会が出来、紆余曲折の末、これを書いてくれた人と・・・(^_^)v***

本の入手方法について

 現在書店にはなく、出版社の在庫もありません。私の手元にはまだ余裕があり、基本的に直販での販売をおこなっております。
 国内発送に限り送料サービス、定価の1800円(*)で送らせて頂きます。(日本国外への発送は送料実費)
*自費出版版は消費税を無視した1800円。現在販売している正式版は発売当時の消費税3%を含んだ価格1800円が正規の定価です。現在の税率なら本来は1835円が正式な消費税込価格ですが、サイト直販の現行販売価格を税込み1800円とします。

 お支払いは、三菱東京UFJ銀行となります。送金手数料はご負担ください。
ご注文は注文フォームからお願いいたします。s


 旅したルートはアフリカルートマップで青線の部分です。ご参照ください。
 本書には挿入できませんでしたが、この旅では日記にポールペンでスケッチを書いていました。

 
著書紹介 top
耐えてアフリカ
注文フォーム

お知らせ
Amazon:耐えてアフリカ

旅行記ネット
旅人の目