旅して » 世界246ヶ国 » 写真館 » 西アフリカ » モーリタニア »

鉱石運搬列車 2007

この鉱石運搬列車は、サハラ砂漠の中ほどにある鉱山街ズエラから鉄鉱石を輸出港であるヌアクショットまで運ぶために走っている列車で、総延長650キロを結んでいる。延々と鉱石運搬用の貨車を連ねた列車は総延長が2キロを超え、世界最長の列車として知られている。
2007年は、まずヌアディブからズエラまで全線を貨物車両に乗車。ヌアディブからズエラは鉱石がないので、鉱石用貨車はカラで走り、出発は16時、到着は翌朝7時だった。ズエラからの帰りは山積みの鉄鉱石の上に乗車。14時出発で、20時頃途中駅のショウムで下車した。

ヌアディブ駅

2lv_0743.jpg

乗車風景

2lv_0750.jpg

2キロ以上ある世界最長の列車

2lv_0765.jpg

お茶の時間

r0019260.jpg

雑魚寝

2lv_0782.jpg

整地

2lv_0854.jpg

鉱石の上に乗車

r0019329.jpg

3日前に脱線した列車:強盗に襲われたらしい

r0019333.jpg

ほほえむ

r0019343.jpg

モーリタニア

ヌアディブ
鉱石運搬列車 2002
鉱石運搬列車 2007
ズエラ
アタール 2002
アタール 2007
シンゲッティ
ヌアクショット 1997/2002
ヌアクショット 2007
ヌアクショット→マリ国境

世界のお金:モーリタニア