旅して » Gallery » 欧州 » 南欧 »

バチカン » 外観

バチカン市国は世界最小の独立国として知られており、その面積は約0.44平方キロ。皇居の3分の1程度に過ぎない。城壁に囲まれており、外から見ると要塞都市のようにも見える。

一番北側にあたる城壁
右に見える奥まった部分が美術館入口で、開館時間よりずっと前から人が並びだす。
16/12/20 16:17:10
東北の城壁
テロ対策でローマの観光地にはどこも兵士が警戒に当たっている。バチカンの外側もローマなので例外ではない。
16/12/20 16:17:28
外壁のレリーフ
16/12/20 16:22:16
聖アンナ門
バチカンで働く人々の入国ゲート
16/12/20 16:24:38
サンピエトロ広場への入り口(北側)
入り口は3ヶ所あり、観光客も自由に行き来できる。
16/12/20 16:26:38
美術館入口の行列
16/12/20 18:38:04
サンピエトロ寺院
サンピエトロ広場西側の入り口後方より
04/07/16 14:01:56
バチカン
.外観
.サンピエトロ
.美術館

ユーロ | 世界のお金