2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » イエメン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» イエメン »
イエメン>2009年01月20日(Tue)
ガイダ行きバスの中→ガイダ
:: 旅621日め : 世界旅89ヶ国め : 和人217ヶ国め : あづさ109ヶ国め ::

■イエメンの東の町
一番の難関だった、イエメンを東に進むことができました。心労でいっぱいの日々が続き、しかも1度めのトライで失敗(検問チェックポイントを通過できず強制送還)しているだけに、朝5時、見知らぬ町に到着したときは安堵の気持ちでいっぱいでした。

でもバスの中ではあまり眠れず、その前の日もほとんど寝ていないので、もう夜明けの時刻ですが、さすがに眠りたい・・・。

アーリーチェックインさせてくれた宿に入り、私たちは昼頃まで寝ました。

ここはガイダAl-Ghaydaという町。オマーンとの国境にも近い、イエメン東部の町です。旅行者は滅多に来るところではありません。

ガイダの町

午後にはオマーン西部の町サラーラSalalah行きのバスチケットを買いました。
さすがにここは、外国人誘拐地域から外れているだけあって、バス会社も、パーミッション(旅行許可証)などまったく確認しようとせず、すんなりとチケットを売ってくれました。ホント、同じイエメン内だなんて思えません。

バスチケットを買うことに、莫大な苦労と疲労を伴ったイエメンの旅。
このチケットが、イエメン最後のバスチケットになるのです。そう思ってチケットを眺めていると、今までの苦労と様々な苦難の場面が思い出されました。

余りそうなイエメンリアルをオマーンリアルに両替したり、今いるところよりももっと安くて良さそうな宿を探したり、イエメンの海岸の町ならではの魚料理を食べたりしながら、午後をゆったりと過ごしました。

アデンAdenで買ってあった「モカコーヒー」を開封して淹れた、香り良し味良しのコーヒーが、美味しかったなあ♪
本日の旅
行動 :ガイダ到着、ガイダ観光
朝食 :なし(夜行バス明けで寝てた)
昼食 :スパイシーライス、サマック(かつお揚げ)/ガイダの食堂
夕食 :ホブス(アラブの薄パン)、ベール(玉ねぎトマト入りスクランブルエッグ)、サハーウ(トマトとヨーグルトのミキサーがけ)、シャイハリブ(甘いミルクティー)/ガイダの食堂
宿泊 :カリファツーリストホテルKhalefa Tourist Hotel

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1リアル=0.47円

*イエメンのモカコーヒー
モカコーヒーの名は、イエメン西部海岸都市モカに由来する。ご存じ、コーヒーノキはエチオピア原産だが、コーヒーはモカ港から世界へと輸出されていった。「モカマタリ」という言葉も聞いたことがあるかもしれないが、マタリはイエメン最大部族の名前であり、イエメン産コーヒーの代名詞ともなる。平成18年の食品衛生法改正(残留農薬基準のポジティブリスト制への移行、難しい事柄ですよね)に伴い、エチオピア産モカコーヒー(代表銘柄モカハラー)は、基準値以上の農薬が問題となり、多くが日本への輸入禁止措置となった。エチオピア産モカコーヒーが希薄となるなら、イエメンモカの時代がやってくるかも!?
カレンダー / calendar