2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » 英国 »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» 英国 »
英国>2007年08月09日(Thu)
サンバラ→ラーウィック
:: 旅91日め : 世界旅15ヶ国め : 和人209ヶ国め : あづさ36ヶ国め ::

■アザラシウォッチング
シェトランドShetland諸島のメインランド最南端のサンバラSumburghにテントを張って過ごし、朝を迎えました。朝からお天気は良好です。海を見ると、時折アザラシが顔を出すので、海辺の岩の上で朝ごはんを食べることにしました。アザラシがより近くに見られて、楽しいー♪

アザラシ

そのあと、テントをたたんでヤールショフJarlshofの遺跡前のバス乗り場に戻り、バスに乗ってシェトランドの中心都市ラーウィックLerwickに戻りました。

■図書館
昨日の日記にも書きましたが、移動費が異様に高い英国の自由旅行で、無駄な出費を抑えて動くためには、事前の調べ物が何よりも大事です。でも、安ければいいというものじゃない。それだったら英国を旅しなければいい。一番大事なのは、「英国でどこに行きたいか」ということですよね。

今、非常に悩んでいるプランは、次の通りです。

1)シェトランド諸島から、英国アバディーンに行き、隣国アイルランドかマンを目指す。
2)シェトランド諸島から、英国アバディーンに行き、ネス湖の拠点インヴァネスを目指す。
3)シェトランド諸島から、船でオークニー諸島に行き、インヴァネスを目指す。

時間やお金をセーブできるのは、1です。シェトランド諸島に大満足できたので、1でも良いかなとは思っています。
和人の見たいオークニーの巨石文化を訪問できるのは、3です。
あづさの見たいネス湖を訪問できるのは、2と3です。

でも、3だと、1よりも1週間ほど日数を要し、フランス入りも予定より遅くなってしまう。また、旅費がかかり物価も高い英国で1週間長く滞在するということは、資金も多く遣ってしまいます。

そんなことを考えながら、今日も図書館の無料ネットで、スコットランドだけでなく英国全土の旅計画。町から町の所要時間、バスのスケジュール、料金、船や飛行機のスケジュールと料金を調べていき、膨大な情報から旅を作っていきます。

本当、英国の旅は難しいなあ。

和人がオークニーを、あづさがネス湖を諦められれば、スパっと英国を抜けられるかもしれないのですが、未練を残したまま南下してよいものか。でも、別の見方をしたら、英国だけに何万円も旅費を追加して旅を続けて、いつか資金が減ってきたときに後悔や未練が発生しないだろうか。

うーん、難しいなあ。

でも、1のアバディーンに行くなら今夜の夜行の船だから、もう決定しなければなりません。

   いっぱい悩んで いっぱい話し合いをして

    いっぱい揺らいで いっぱい揺らいで・・・

結果、1が約48%、2がtrace(ごくわずか)、3が約52%という気分で、複雑ではありますが、やっぱり英国に後悔を残さないルートに決定しました。

そうして、シェトランド→オークニー→英国本土(グレートブリテン島)のスクラブスター→インヴァネスと、当面のルートを仮決定。次に5日間のバスパスを購入することから、スクラブスター(ネス湖の近く)からスコットランド中のバス時刻表(citylink社)を検討し、5日間の、こちらもなんとか見通しがつくところまでのプランを考えました。何故シェトランド諸島で遠いネス湖近くからスタートするバスパスを買う必要があるかというと、シェトランド諸島→オークニー諸島→英国本土(グレートブリテン島)間の船代が、そのバスパスを持つことで2割引にまで下がるから、英国本土に着いてからバスパスを購入するのは大損なのです。

ともあれ様々な調べものをして、グレートブリテン島の旅は8月13日スクラブスタースタートと決定。本当、ここまで決めるのにも、苦労苦労の連続でした。

晩ごはん用に、シェトランド諸島を筆頭する伝統的な干し肉「Reestit mutton(リースティットマトン、羊の肉を塩漬けにして干したもの)」を肉屋で買いました。これはスープにするのが伝統的なスタイルとのことなので、それを模して私たちもスープ仕立てに。美味しい美味しいお肉の味が出た、骨髄の中身が溶け込んで白濁した美味しいスープの晩ごはん。

そして何より、出費を覚悟してでも英国をしっかりと楽しむことを決断できたことに、ワインフルボトルをあけて乾杯しました。

決めるまでは悶々と悩み続けますが、決まってしまうと、気持ちが晴れ晴れなんだもん^^
本日の旅
行動 :アザラシウォッチング、サンバラ→ラーウィック移動、図書館、旅行会社
朝食 :パン、ハム野菜ピューレサンド、プラウン入りチーズ/海岸の岩の上
昼食 :パン、ラズベリージャム、バター、ポテトサラダ/フェリーターミナル
夕食 :Reestit mutton(リースティックマトン、シェトランド諸島を代表するローカルフードである羊の塩肉)、Reestit muttonじゃがいも玉ねぎマッシュルーム青ねぎのスープ、パン、バター、ラズベリージャム、ナチュラルチーズ、プラウン入りチーズ、赤ワイン/キャンプサイト
宿泊 :クリッキミンキャラバンアンドキャンプサイトClickimin Caravan & Camp site
http://srt.org.uk

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1ポンド=245円

*シェトランドを含め、スコットランドの移動には、Scottish Citylink(スコティッシュシティリンク)のエクスプローラーパスを購入した。5日間のうち3日間バス乗り放題(3 days travel out of 5)で1人35ポンド。高価だがたった1区間で30ポンドとか50ポンドとかもザラな英国のバス移動で、エクスプローラーパスを使えば、きちんと行程さえ組めれば確実に安上がり。逆に言えば、行き当たりばったりのバス移動は出費がおそろしくかさむとも言える。
http://www.citylink.co.uk

シェトランド島でエクスプローラーパスを購入する場合は、ラーウィックのトールクロックショッピングセンター(Toll Clock Shopping Centre、フェリーターミナルとバスターミナルの中間にある)内の旅行会社、「Shetland travelscope」で購入できる。
http://www.shetrand-travelscope.co.uk
カレンダー / calendar