2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » オマーン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» オマーン »
オマーン>2009年01月27日(Tue)
★マスカット
:: 旅628日め : 世界旅90ヶ国め : 和人217ヶ国め : あづさ109ヶ国め ::

■マスカット観光2日目
今日は、朝から、スルタンカブースグランドモスクへ行きました。何しろ午前中にはクローズしてしまうモスクなので、遅刻厳禁です。

入場には、女性は服装チェックがあります。髪と肌(顔と手以外)を出さないことといったチェックを受け、無事に入場することができました。待望のモスクは期待通りに美しく、感激でした。

白亜のグランドモスク。
世の中に、こんなにきれいで美しいモスクがあるなんて! と思うほど、白鳥のような美しさは、見ていて我を忘れるほどの素晴らしさ。屋外なのに床もピカピカ、ほんと素敵なところだわ~♪

グランドモスク

グランドモスクの内部も大変に素晴らしかったです。もう、これだけで、今日の一日が大満足になってしまうほどでした。

でも今日は1日かけてマスカットMuscatを楽しむ予定です。グランドモスクを後にしたら、ミニバスを使ってマトラMutrah地区へ行きました。マトラ地区は屋内スーク(市場)があることと、美しい湾岸の眺めで知られています。

スークも歩きましたが、やっぱり私はこの海が好き。海自体ではなく、湾岸を沿うように走る道の美しさが好き。もしマスカットに行ったら、マトラ地区に行ったら、是非海際の道を歩いて、いろいろと見渡してみて! 外灯1つだって装飾が美しく、ディテイルの美しさを大事にするところが、オマーンの美しさなのだと思わさせられます。青空が見える日だったら街全体が一層美しいのです。

今日は幸い良い天気で、青空もばっちり! だから、アラビア海もエメラルド色がかってとってもきれいでした。

私たちは、マトラ地区から、王宮(アルアラムパレス)のあるところまで、8kmの道を歩くことにしました。これは英語ガイドブック「Lonely Planet」でもオススメされている、その美しい海岸沿いを歩くウォーキングルートです。

いやー! 最高!
マトラから王宮まで行く道は、片側に美しいアラビア海、片側には丘、時折フォート(城砦)のような歴史遺構も見える、その風景のコントラストがとっても良い。今日は海がすごくきれいです。風のない、いいお天気です。1月だから暑くなく、とってもいい散策ができました。

王宮のエントランスにあるエンブレムが好きです。オマーンは、国旗にもお金にも、1本の短剣と2本の長剣がモチーフとなるエンブレムが刻まれています。

ただでさえ素敵な1日だったのに、ついでに言うと、今日はオマーンで絶対に食べたかった「マクブース」も食べることができました♪ だから、1秒たりとも無駄のない、今日は楽しく充実した1日となりました。
本日の旅
行動 :マスカット観光
朝食 :コーヒー、カフェオレ/ティム兄さんち
昼食 :ホドラマクブース(野菜のマクブース、刻み野菜の入ったカレーピラフ風)、ロプ(細かい玉ねぎにんじん入りヨーグルト)/マスカットのレストラン
夕食 :ぶりの照り焼き、ビーフの照り焼き、ごはん、野菜炒め(4色ピーマンと玉ねぎ)、トマトオニオンソースonベイクドポテト、ラムコーク、アマレットコーク/ティム兄さんち
宿泊 :ティム兄さんち

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1リアル=239円

*スルタンカブースグランドモスク
グレーターマスカット(マスカット広域範囲)の、マトラやルイからは数十km離れたところにあるので、ミニバスを使って訪問する。グランドモスク入場は午前11時までなので、早い時間に到着したい。女性は入口で服装検査がある。すなわち、髪や肌(顔と手首より先を除く)が出ていないこと、体のラインが分からない服装であることのチェックである。髪を隠すスカーフなどのレンタルは行っていないので注意。
カレンダー / calendar