2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » スヴァールバル »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» スヴァールバル »
スヴァールバル>2007年07月17日(Tue)
★ロングイヤービエン→フォックスフォンナ氷河→ロングイヤービエン
:: 旅68日め : 世界旅12ヶ国め : 和人208ヶ国め : あづさ34ヶ国め ::

■氷河トレッキング
昨日は、幸運にも、2人で1100クローネもするツアーチケットを譲り受けた私たち。朝から氷河トレッキングに出かけることになりました。私たちはロングイヤービエンキャンピングに泊まっている他のデンマーク人2人と併せて4人のグループで参加しました。

行き先はフォックスフォンナFoxfonna氷河。現在も機能している炭鉱(mine No.7)からスタートします。

氷河を、ガイド1名を含めた12名で歩いて横断するツアー。風も弱く、雨も降らず、曇天ではありましたがトレッキングには汗をかきすぎない天候でした。氷河に入る前に長靴を借りることができ、氷河横断スタート!

フォックスフォンナ氷河横断

ここは北緯80°、北極圏の中にある氷河。土壌も凍りつくため氷河の流れが遅いのが特徴なのだと、ガイドに教わりました。スヴァールバルは国土の60%が氷に覆われているので、土壌を覆う氷の姿を見ることも、スヴァールバルの旅にふさわしいことだと思いました。

氷河の上を歩いていくと、途中、化石エリアに入りました。注意深く石を見ながら歩いていると、植物の化石、貝の化石などを見つけることができます。歩いていくほど植生が変化する様子が見られたり、野生のシカ(レインディヤReindeer)が見られたりと、興味の対象がいっぱいありました。

3時間ほど歩いたところで、お昼ごはん。じゃがいもをいっぱい使ったノルウェーの伝統料理をいただきながら、美味しいコーヒーで冷えた体を温めました。

総計6時間ほどのツアーです。楽しかった。チケットをくれたデンマーク人の、リナ姉、トゥカ兄、ありがとうございます!

市街地の図書館でメールチェックやサイト更新をしたあと、キャンプサイトに戻りました。すぐにフレンチカフェオレで冷えた体を温めたあと、昨夜寝ていない分、テントで熟睡しました。
本日の旅
行動 :フォックスフォンナFoxfonna氷河トレッキング
朝食 :シェルパスタの玉ねぎケチャップソテー、アスパラガスのスープ/キャンプサイト
昼食 :ラップスコイス(Lappskojs、じゃがいもをブイヨンでとろとろに煮て、角切り牛肉に、小さく刻んだソーセージやにんじんが具に入ったもの、ノルウェーの伝統料理)、パン、バター、コーヒー/氷河トレッキング
夕食 :ツナとチーズのパスタ、グリーンピースのスープ、ワイン/キャンプサイト
宿泊 :ロングイヤービエンキャンピングLongyearbyen Camping
http://www.longyearbyen-camping.com/

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1クローネ=22円

*フォックスフォンナFoxfonna氷河トレッキング
1人550クローネ。10時に市内中心にあるラディソンSASホテルでピックアップ、No.7炭鉱まで車で行き、そこから英語ガイドと共にトレッキング開始。長靴を貸してくれる(氷河融けの水の中をじゃぶじゃぶ歩くこともあり、長靴必須)。3時間半ほど歩く途中で、化石が見られるポイントも案内してくれる。氷河を越えたら、小さな小屋でランチタイム。その後車が待つポイントまでは平地を歩き、市内に戻ってツアーエンド。所要6時間。
Svalbard Reiseliv AS、http://www.svalbard.net/

*市内図書館(Bibliotekの看板がある)は、市街中心部のショッピングモール2Fにある。平日11~17時、インターネット無料(30分制限、日本語:読み×書き×USB○)
カレンダー / calendar