2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » スヴァールバル »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» スヴァールバル »
スヴァールバル>2007年07月18日(Wed)
★ロングイヤービエン
:: 旅69日め : 世界旅12ヶ国め : 和人208ヶ国め : あづさ34ヶ国め ::

■雨の休息日
おとといは24時間太陽撮影、昨日はフォックスフォンナFoxfonna氷河横断トレッキング。

今日は、冷たい雨が降っています。

テントの中であたたまりながら過ごしたり、キッチンのあるリビングスペースでのんびりしたり。
降ったり止んだりの雨では、なかなかおでかけもできません。

あづさはこれまでの旅をいろいろと記録したり(この旅日記も含めて)、和人は写真のバックアップやノルウェー本土に戻ってからの計画をあれこれと検討しています。最後だからと海岸沿いをお散歩したら、パフィンやアホウドリなど様々な野鳥を見ることもできました。

そう。明日の早朝、大好きな大好きなスヴァールバルを離れてノルウェー本土に移動します。寂しいけれど、1週間は長いようで実際はすごく短かった。国全体がフィヨルドで、明らかに他の国にはない特異な風景の中、ずっと素晴らしい大自然の中、始終太陽のもとで過ごせたことが、夏のスヴァールバル滞在の何よりの旅のご馳走でした。

ノルウェー到着後、現時点ではフェローFaroe諸島への船に乗る予定ですが、後日の旅行程を考えると悩みどころで、はたまたデンマークに移動するか、それともアイスランド?グリーンランド?・・・私たちの旅行程は、今後どうなるのでしょう。

明日は朝4時台のフライト、午前3時にはチェックインだから、今夜はずっと寝ずに過ごします。

1週間テント生活を過ごしたLongyearbyen Camping(ロングイヤービエンキャンピング)は、世界最北のキャンプサイト、私たちの大好きなキャンプサイト。

大好きなキッチンスペース、永久凍土の上にテントを張る体験、そして海の向こうには、人類に汚されていない真っ白な氷河。

世界最北のキャンプサイト

スヴァールバル、そこは世界最北の国。
地球のどの場所でさえ代替しようのないほど、素晴らしく素晴らしく、本当に素晴らしいところだった。

私たちは、この最北の国と、素晴らしいキャンプサイトと、白く輝く真夜中の太陽を、決して忘れない。
本日の旅
行動 :キャンプサイト滞在
朝食 :なし(就寝)
昼食 :豆のカレー、クスクス、魚のマスタード漬け、リンゴ、レモンティー/キャンプサイト
夕食 :(日付は翌日)ポリッジ、レモンティー/キャンプサイト
宿泊 :ロングイヤービエンキャンピングLongyearbyen Camping
http://www.longyearbyen-camping.com/

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1クローネ=22円

*ロングイヤービエンの天候
私たちが滞在した7月中旬は、気温は6~9℃くらいが多かった。どしゃぶりはなかったが、雨天から晴天まで天候の変化も大きかった。ただ、風がとても強く、乾燥もしている。風が止まることはほとんどなく、風が吹いている間は真剣に寒く感じた。訪問するときの衣類の参考になればと思う。
カレンダー / calendar