2016-7 イタリア、バチカン、マルタ

アルゲーロ→サッサリ→オルビア→サンパンタレオ→バージャサルジニア→オルビア→

もう12月30日ですね。今年も明日で終わりですね。予定では、今日サルジニア島を離れ、イタリア本土に戻り、新年をイタリア本土で迎えることになっています。よって今日はサルジニア島滞在最終日ですが、レンタカーは夕方遅くまで借りられることになっているので、実質今日もまるまる1日観光に充てる時間があります。

宿の冷蔵庫に残った食料を調理してランチボックスに詰め、滞在していた、島の北西部のアルゲーロAlgheroを出発しました。30分もかからずサッサリSassariに到着。ここはサルジニア島第二の都市で、「古都サッサリ」とも称されるところ。教会も大聖堂も立派で荘厳で、サッサリ、素敵です。

レンタカーを返却するのは島の北東部のオルビアOlbiaなので、進路を東へと進めます。オルビアには順調に到着したので、まだまだレンタカー返却までに時間がありますから、サルジニア島到着初日に出会った優しいおじいさんが薦めてくれたサンパンタレオSan Pantaleoという街へ向かいました。おじいさんの話ではここはアーティストが多く住んでいるのだそうです。

サンパンタレオでは、車を教会前広場の近くに停めて、早速広場で持ってきたお弁当を食べました。確かにここは可愛い街ですね。建物が可愛いし、家の軒先を可愛らしくあしらう家が多くて、外から見ていても楽しいです。今日は金曜日ですが、木曜日にはアーティストの作品も並ぶ市場も開かれるそうなので、もし昨日来ていたらもっと楽しかったかもしれません。

サンパンタレオ

サンパンタレオを一通り観光してもまだ時間があります。次は海に向かいましょう。サルジニア島の北東部には、著名人の豪華別荘や素敵なホテルが並ぶ高級ビーチがあり、その方向へ向けて移動しました。確かに海はきれいだし、ひとつひとつの家屋や建物が贅沢に作られていて、目で見るのも楽しい地区でした。

そしてオルビアへ戻り、レンタカーを無事に返却することができたのでした。

 * * *

今日やったことは、あとは、船に乗って、軽く夕食をとって、船の中で寝るだけです。

船は、サルジニア島に来るときと同じ会社の船です。しかも行ってみたら同じ船体&同じクルー&同じ職員で、船に入るとバーカウンターのお兄さんに「Welcome back!」(ようこそ!お戻りで!)と言われてしまいました(^^ゞ

来るときに気に入ったラウンジソファと同じ場所を確保でき、今日も快適な船の旅で夜を明かすのでした。

明日は、朝7時前にイタリア本土に戻る予定です。