2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » エストニア »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» エストニア »
エストニア>2007年06月21日(Thu)
リガ→パルヌ
:: 旅42日め : 世界旅8ヶ国め : 和人206ヶ国め : あづさ30ヶ国め ::

■8ヶ国め、エストニアへ
ラトビアの首都リガRigaを早朝に出るため、目覚ましを朝6時半にセットしてありました。・・・なのに、他の人のいびきがうるさく、まとわりつく数匹の蚊に見舞われ、ストリートの騒ぎ声も気になり、結局ほとんど眠れませんでした(>_<)

寝不足のまま国際バスに乗りました。でも車窓風景が緑いっぱいで気持ちよく、結局眠らずに国境イクラIklaに到着。ここではパスポートチェックを受け、私たちは無事にエストニアに入国できました。

■パルヌのマッドバス(泥風呂)
私たちの世界旅のコンセプトの1つに、「首都だけでなく地方にも訪問」というのがあります。そのコンセプトに倣い、ここエストニアで首都タリンTallinn以外の滞在地として選んだのは、海岸沿いのパルヌParnuという町。パルヌに着き、宿泊予定のキャンプサイトまで歩きますが、古い家並みは中世らしさを感じさせてくれ、「ヨーロッパの小さな町に来たー」という実感が沸くような、まるで古い映画セットを見ているかのような素敵な感覚を覚えました。

キャンプサイトにチェックインし、テントを張って荷物を置いたあとは、まずはこの町に来た目的の1つ「マッドバス(Mud Bath、泥風呂)」へ行きましょう。

・・・でも、2006年版ガイドブックに書いてある場所に行ってもそこはミュージアム会場で、マッドバスはありません。特にこのマッドバスはあづさが大きな楽しみにしていたもの。あづさの希望で、もし移転している可能性があるならと(もちろん閉鎖している可能性もあるのですが)、路上の地図看板を見ては歩き、様々な人に聞き、とにかくものすごいエネルギーを使って・・・やっとやっとやーっと「Sanatoorium Tervis」(サナトリウムテルビス)の中の療養所を見つけたのでした。レセプションでも無事、明日午前中のアポイントを得ることができました。ばんざーい\(^o^)/

■中世都市パルヌ
インフォメーションセンターで「エストニアン料理を食べたい」と教えてもらったお店で早めの晩ごはんを食べました。パルヌの町紹介パンフレットのエストニアン料理の筆頭にあがっている「KAMA(ガマ)」が、ツボハマの美味しさ!でした。マッドバス探しでくたくたでしたが、美味しいお料理ですっかり元気元気になれたかもしれません。

昼食

元気になったら、また町を歩けますから、パルヌの中世都市の様子を観光しましょう。

今までポーランドの首都ワルシャワ、リトアニアの首都ヴィリニュス、ラトビアの首都リガと、首都の街並みそのものが世界遺産になっている素敵な街を幾つか観光してきました。でも、驚くことに、この小さな町パルヌはそれらにひけを取りません。町を歩きながら目に入るあらゆるものが、“中世都市”らしさ満点で、本当に素晴らしいのです。ちょっとしたタイムスリップ感が、なんとも心地よいのです。

そして、小さな町の小さなメインストリートには、素敵なパレードの列がやってきました。・・・そっか、今日はミッドサマー(夏至)だものね!! なんか、夏至の日をエストニアという北の国で過ごせることが途端に嬉しくなりました。2人の意見が一致し、キャンプサイトへ帰る途中、スーパーで手料理の材料を買って、夜12時の夕暮れまで、キャンプサイトのテーブルセットで美味しい料理と共に、素敵な夏至パーティーをすることにしました。

北の国エストニアの夏至。

夜12時のオレンジ色の空。

大好きなカルボナーラとウォッカ。

夏至パーティーに、乾杯!(*^^*)

(といいつつ、ここ数年夏至が6月21日なのに今年だけ夏至が22日だったということに翌日気づいてしまい、翌日ショックを受けたのは秘密です、笑)
本日の旅
行動 :リガからパルヌに移動、パルヌ観光
朝食 :パン、サラミ入りチーズ、コーヒー、紅茶、ヨーグルト、ソーセージ入りスープ、キャベツ酢漬け/ホステル
昼食 :パン、サラミ入りチーズ、ソーセージ、コーヒー/キャンプサイト
夕食 :KAMA(ガマ、バターミルクにローストミールパウダーが入ったもの)、AHJUKARBONAAD(アヒューガルボナッツ、豚の柔らか煮込み、肉汁とビネガーでくたくたキャベツとゆでじゃが添え)、ビール/市内レストラン
玉ねぎとベーコンのカルボナーラ、卵白かきたまスープ、ウォッカ/キャンプサイト
宿泊 :コンサKONSE
http://www.konse.ee
関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ
旅情報
1ラトビアラト=245円
1エストニアクローン=11円

*パルヌの町は小さく、またガイドブックでも紹介されている宿が少ないのに、ホステルやホテルがいっぱいあった。

*ラトビアからエストニアへ西部国境越え
ラトビアの首都リガからエストニアのパルヌへは、1日5便のバスが出ていた。最も早くて7;20発だが私たちは8:30発のバスチケットを購入。1人5ラト。所要約3時間。ラトビアの出国スタンプはもらえないがエストニアの入国スタンプがもらえる。バス内に待機してパスポートと数分預けるだけの、らくちんな国境越え。国境のイクラIKLAでトイレ休憩あり。
カレンダー / calendar