2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » タンザニア »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» タンザニア »
タンザニア>2008年09月29日(Mon)
★モシ→ティンビリーニ→ムスニ→ティンビリーニ→モシ
:: 旅508日め : 世界旅77ヶ国め : 和人215ヶ国め : あづさ98ヶ国め ::

■キリマンジャロふもと歩き
モシMoshiに滞在して3泊はしたかな? そろそろここを出たい頃ではありますが、どうしてもしておきたいのがキリマンジャロ山のふもと歩きです。5000m級の山の本格的な登山は無理でも、低いところをハイキングするだけでも、キリマンジャロ山の楽しみを味わえそうな気がして。

曇天ですが雨は降っていないので、今日はおでかけに踏み切りました。

今日行くところはウルノースUru northです。この名前は、宿のレセプション前に張ってある「半日コーヒーツアー」の募集パンフレットで知りました。そのツアーではコーヒー農園体験をウルノースでするのだそうです。

ミニバスに乗って終点へ。キリマンジャロ山の麓、ウルノース区域のうち、ティンビリーニTimbirini村というところに着きました。そして、さらに山に向けてハイキング開始!

てくてく歩くと、少しずつコーヒーの木が増えていくように思いました。もっと歩くとぷっくり赤いコーヒーの実がいっぱい生っているところに着きました。

コーヒーの実って、きれい。

近くの民家では、おにーさんおねーさんが庭で洗濯をしていました。「コーヒーを見ているのかい」と尋ねられたので、「はい」と答えたあと、あづさは「この赤いコーヒーの実がコーヒーになる過程を知りたいです」と、尋ねてみました。

えへへ、言ってみるものですね。回答は「じゃあ家の中においで、見せてあげる」というとても優しいものでした。

コーヒーの説明

コーヒーの実からコーヒー豆を作る過程を、レクチャーしてもらうの図。あづさはモシで作ったばかりの、オーダーメイドのアフリカ服を着ています。

ここムスニ村を出たら、また歩いてティンビリーニへ戻りましょう。でも帰り道の途中、ローカルビールを出す酒屋を見つけ、入ってみました。驚くことにそのビールはバナナから作ったビールです! ・・・アフリカでバナナビールが存在することは知っていました。例えばルワンダの旅行会社ではバナナビール作り体験ツアーなどを出しているのです。

それでも私たちはバナナビールを飲むのは初めて! 味は麦を発酵させた、アフリカでよくあるローカルビールの味がします。甘味はなく、ドライな味わいがしました。

今日の一日。キリマンジャロのふもと村を歩きながらコーヒー体験。そしてローカルビール。まるで、セルフメイドの「キリマンジャロコーヒー&ローカルビールツアー」の体験ができたと思いました。

ちなみに宿主催の半日コーヒーツアーは2人でおよそ5000円。
今日の私たちの体験は、片道70円程度のミニバス代とビール特大容器で20円(^^*
本日の旅
行動 :キリマンジャロふもと村観光
朝食 :パン、コーヒー、ジャム、スイカ/宿
昼食 :Ndizi(ンディジ、揚げバナナ)、チップス(フライドポテト)、ミシカキ(肉の串焼き)/ティンビリーニの食堂
夕食 :モツ入りバナナシチュー、ポークグリル、ムチーチャ(大根の葉のような青菜ソテー)、チップス、ライス、ビーフシチュー、ウガリ(とうもろこし粉を炊いたもの)、シチュー、ビール/宿
宿泊 :コーヒートゥリーホテルCoffee Tree Hotel

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1シリング=0.093円

*ティンビリーニへの行き方
モシ市内ミニバス乗り場から、UruまたはUru-north行きミニバスに乗る。行き先をティンビリーニと確認すると良い。片道30分強、1人700シリング。
カレンダー / calendar