旅の行程

第2章アフリカ

第1章ユーラシア1
第3章ユーラシア2
第4章アメリカ
第5章オセアニア
第6章アジア・北アフリカ

 2009年
01/05- ジブチ
 2008年
12/28- ソマリア
12/17- エチオピア
12/12- ケニア3
12/07- 南スーダン
12/04- ウガンダ2
11/22- ケニア2
11/21- マイヨット2
11/17- コモロ
11/12- マイヨット1
10/21- マダガスカル
10/17- レユニオン
10/13- モーリシャス
10/09- セイシェル
09/30- ケニア1
09/24- タンザニア3
09/17- マラウィ
09/17- モザンビーク2
09/12- ジンバブエ
09/08- ボツワナ
09/08- ナミビア3
09/07- 南アフリカ4
08/26- セントヘレナ
08/19- 南アフリカ3
08/17- ナミビア2
08/11- ザンビア
08/07- タンザニア2
08/05- ブルンジ
08/02- ルワンダ
07/30- ウガンダ1
07/19- コンゴ民主
07/04- タンザニア1
06/19- モザンビーク
06/17- スワジランド
05/31- 南アフリカ2
06/10- レソト
05/31- 南アフリカ1
05/13- ナミビア
05/09- アンゴラ
04/25- サントメプリンシペ
04/09- ガボン2
04/04- 赤道ギニア
03/29- ガボン1
03/22- コンゴ共和
03/19- 中央アフリカ
03/12- カメルーン2
03/09- チャド
02/20- カメルーン1
02/13- ナイジェリア
02/07- ニジェール
01/30- ベナン
01/26- トーゴ
01/23- ブルキナファソ
01/10- ガーナ
01/03- コートジボワール
 2007年
12/29- リベリア
12/21- シエラレオネ
12/12- ギニア
12/08- ギニアビサウ
12/07- セネガル3
12/04- ガンビア
12/02- セネガル2
11/26- カーボベルデ
11/20- セネガル1
11/02- マリ
10/22- モーリタニア
10/20- 西サハラ
10/10- モロッコ2
10/10- メリリャ
10/07- モロッコ1
10/07- セウタ

第1章ユーラシア
第3章ユーラシア2
第4章アメリカ
第5章オセアニア
第6章アジア・北アフリカ




旅に出て5ヶ月が経ち、世界旅は36ヶ国目セウタからアフリカ大陸へ入りました。

「第2章アフリカ」では、36ヶ国目セウタ、サハラ越えののち40ヶ国目マリに入り、いったん42ヶ国目大西洋カーボベルデへフライトで往復、その後はギニア湾岸部諸国を中心に東へ移動し、55ヶ国目カメルーンより中央部アフリカ諸国の旅に入りました。59ヶ国目ガボンからは船で61ヶ国目サントメプリンシペへ、その後は63ヶ国目ナミビアより南部アフリカ、続く東部アフリカ、残った中央部アフリカを旅しました。74ヶ国目大西洋セントヘレナへの渡航のあとは残りの南部アフリカから、78ヶ国目ケニアへ移動し、旅の舞台をインド洋諸国、美しい海へと移します。その皮切りは79ヶ国目セイシェル、そして80ヶ国目モーリシャスなどを経て再びケニアに戻ります。ここからのルートは悩みましたが、夢ルート、すなわち、紛争地として長く旅行者を阻んできたウガンダ北から85ヶ国目スーダン南への道ならびにケニア北西端を通り86ヶ国目エチオピアをオモラテより進入する道へと決断しました。そして88ヶ国目ジブチまでを掲載しています。

以上が「第2章アフリカ」の旅ルートの概略です。

第二章アフリカ

なお地図上の
■赤線は陸路移動、■青線は水路移動、■黄緑線は空路移動をあらわしています。

☆特徴
・地名は、現地の発音確認を必ず行い、および日本での通記を踏まえた上でカタカナ表記しています
・陸路は実際の走行に出来る限り沿っています

右カラムには都市間移動の実際の所要時間を記載しました。
地図とあわせて参考になればと思います。