2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » アルゼンチン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» アルゼンチン »
アルゼンチン>2010年02月24日(Wed)
★カプリ湖→エルチャルテン→エルカラファテ
:: 旅1021日め : 世界旅179ヶ国め : 和人235ヶ国め : あづさ192ヶ国め ::

■フィッツロイトレッキング・番外編の4日目
昨日、期待していた夕方のバスに乗れず、予定になく2度目のフィッツロイトレッキングをすることになりました。今いるのはトレッキングルートの中でも最もエルチャルテンEl Chalten(通称チャルテン)の町に近いポイントであるカプリCapri湖です。ここから見るフィッツロイ山の朝焼けも期待しています! ・・・なのに、朝焼けで山が真っ赤に染まった時点では空がまだ暗すぎて、湖面が黒いー。きれいじゃないー。ちぇっ。

でも、ちょっと場所を変えてみたら・・・、うわお! これはスゴイ!!

アルゼンチン

パタゴニアの山がずらりと連なって朝日に輝く、うっとりするほど輝いている広角的な風景に出会えたのです!

パソコン画面に映っている写真を見ているときは、視線は一点を見るだけで写真全部見られるわけですが、でも、大自然の中でこういう風景を見るときは、首の角度を変える必要があるほど、広角にこの風景が広がるのです。まるでこの風景が人を包んでくれるかのように。

すがすがしい空気のもと、しばしこの輝くフィッツロイを眺めていられる時間は、まるで夢のようでした。本当に素晴らしかったです。


さあ、今日は流石に昼のバスを予約してありますから、朝焼けが見終わったらチャルテンの町に戻りましょう。町に戻る直前に -それはトレッキングを初めて最初の休憩を取ったところと同じ場所で- まだ融けきっていない「氷河湖の氷」とサトウキビ酒の「カーニャ」を使って「氷河ロック」を作って乾杯しました。1泊2日もあるかもしれない、2泊3日もあるかもしれない、天気によってはトレッキングが全然できなかったかもしれない・・・そんな心配も少しはかげった中で、結果としては3日間毎日美しい朝焼けを見れ、快晴に恵まれ、毎日が楽しかったことが嬉しかったのです。

昨日お別れした日本人おじさんおばさんが下さった「柿の種」は、私たちがもう3年も食べていない味です。美味しい、懐かしい。氷河ロックと一緒に、夢中でいただいてしまいました。



夕方エルカラファテEl Calafateの町に戻り、前回と同じ宿にチェックインし、オーナーに預けておいた荷物を受け取りました。たった数日間この宿を離れていただけなのに、宿にはwifiが設置され、宿の過ごしやすさが向上していました。びっくりしました。おかげで久々のメールにも、太平洋の旅計画にも、いろんな調べものも進んで感謝です。



感謝と言えば今回のパタゴニアトレッキングに関しては、やっぱり和人に感謝しています。

旅の間、痛めている足を持っていると、「トレッキングはやだなあ」という億劫な気持ちがよく出てしまいます。でも今回は、和人が絶対に旅日程(予定の日程表)からパタゴニアを外さなかったこともあり、あづさはそれに不安を覚えることもあったけれど、結果的にはパタゴニアの美しさを満喫することができました

パタゴニアには、フィッツロイ以外にも多数のトレッキングルートがあります。きっと和人は、あづさのこともすごく考えて、パタゴニアのどこを歩こうかとベストの場所を選んでくれたんだと思います。足を心配する消極的な理由よりももっと大事な「あづさをここに連れて行きたい」と思うところに連れてきたと、聞くと答えてくれました。知名度も高く世界中のトレッカーに絶大な人気を誇るにも関わらず、ほぼ平坦な道を進んでいける。水を持たなくていい(川も湖も飲用水)から荷物はぐっと軽い、そんな恵まれたトレッキングルートでは、一生忘れることのできない、素晴らしい絶景の数々に出会えました。


この日からずっと経過して、知人などに近況の写真を送る機会があるときは、いつも、フィッツロイトレッキングの美しい風景の中で撮った2人並んだ写真を送っています。ありがとうって和人にも感謝の気持ちを想いながら、送っています。
本日の旅
行動 :フィッツロイトレッキング4日目、エルチャルテンからエルカラファテへ移動
朝食 :ミューズリー、ミルク、クラッカー、チーズ/カプリ湖キャンプサイト
昼食 :カーニャ(さとうきび酒)の氷河ロック、カーニャのオレンジ炭酸ジュース割り、クラッカー、柿ピー/トレッキングの途中
夕食 :ゆでたmorcilla(モルシージャ、豚の皮やねぎが入った血のソーセージ)、morcilla入りじゃがいも玉ねぎスープ、ステーキ、お赤飯/宿
宿泊 :オステルエルエデンHostel El Eden
関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ
旅情報
1ペソ=24.6円

*パタゴニアの名前の由来
「パタ」は「足」、「ゴン」が「大きい」。大きな足の先住民を見たヨーロッパ人の言葉です。
カレンダー / calendar