2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » イラン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» イラン »
イラン>2009年02月24日(Tue)
テヘラン→バクー行き夜行バス
:: 旅656日め : 世界旅95ヶ国め : 和人217ヶ国め : あづさ114ヶ国め ::

■テヘラン最終日、イラン最終日
イランの大型連休が始まりました。イランでは3つの暦(西暦、ヒジュラ歴、イスラム歴)が混用されていて、その組み合わせからこの連休が生まれました。人々は皆おでかけに行くのか、地下鉄ホームはまるで日本の朝の通勤ラッシュのように、人でごった返していました。

お昼にシリア大使館に行ったら、本当にダブルビザを発給してくれました。嬉しいな。シリアとヨルダンに囲まれるようにレバノンやイスラエルは位置している上、レバノンからイスラエルには入国できないので(←できるわけない)、シリアビザがシングル(1回入国用)だった場合、レバノンとヨルダン又はイスラエルの両方に行くのが、ちと難しくなってくるのです。

遅い昼食となりましたが、あづさが強く希望していた、「アーブグシュトゥ」をもう一度食べることができました。イランのエキゾチックな壺料理は、そのユニークな食べ方も大好きになってしまったのです。

アーブグシュトゥ

壺の中のトマトシチューを器に開け、ちぎったパンを入れて吸わせて食べるのが第一弾。
食べ終わったら、壺の中に残った具(骨付き羊肉、じゃがいも、トマト、ヒヨコマメ)を器に出して、押し棒で羊肉までなめらかマッシュになるまで具をつぶしてつぶして、塩とレモン汁をかけてパンに乗せて食べるのが第二弾。
添えてある生玉ねぎは薬味にどうぞ。

美味しいんですよ♪ 絶対日本でも作りたい♪。

夜は、西ターミナルからバクーBaki行き夜行バスに乗りました。
明日は、世界旅96ヶ国目アゼルバイジャンに到着します。
いったん、中東と呼ばれる地域を離れ、これからコーカサス3国の旅を始めるのです。

ロシアとの歴史も鑑みながら、複雑な民族問題に関心を強めながら、その土地のあらゆるものに敬意をもって南コーカサスを旅していきたいと思います。歴史も民族問題もその他いろいろ、旅はいつも勉強だということを実感しています。
本日の旅
行動 :シリアビザ受領、バクー行き夜行バスに乗る
朝食 :ナン(薄パン)、ハチミツ、じゃがいもオニオンスープ/宿
昼食 :アーブグシュト(トマトヒヨコマメ骨付き羊肉じゃがいもをトマトジュースで壷煮込み)、バルバリー(ゴマパン)、ナン、チャイ(イランの紅茶)/テヘランの食堂
夕食 :キャバブ(肉の串焼き、今日は鶏とひき肉)、玉ねぎとレタスのサラダ、焼きトマト、ライス、ナン/テヘランのバスターミナル
宿泊 :バクー行き夜行バス

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1リアル=0.0111円

*バクー行きバス
テヘラン市内の西ターミナルまで市バスやメトロで行く。市バスならイマームホメイニ西すぐのバス乗り場から5-32番バスなどで行ける。西ターミナルにあるバス会社のうち数社がバクー行きの便を出していて、すべてをあわせれば毎日バスが出ているそうだ。料金表を見る限り25~30万リアルが定価。私たちが行った日は25万の会社が翌日便しか持っていなかったので30万の会社(ディダールセールギティ社)で交渉し、2人で57万リアルとなった。夜10時発、翌日18時着。
カレンダー / calendar