2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » カザフスタン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» カザフスタン »
カザフスタン>2011年06月07日(Tue)
前日霍尔果斯
翌日アルマトイ
霍尔果斯(中国側)→コルガス(カザフスタン側)→アルマトイ
:: 旅1487日め : 世界旅224ヶ国め : 和人245ヶ国め : あづさ229ヶ国め ::

■2度目のコルガス国境越え
予測していなかった「まさかの3連休」が明けました。

写真は、遠くから見た霍尔果斯(コルガス)国境です。

カザフスタン

折角月曜日からビザ取り開始 -ウズベキスタンビザはただでさえ時間がかかるのです- と思って週末の越境を考えていたのに、今日がもう火曜日だなんて、まったくもって神を呪う。これまでも難しい中央アジア各国の旅計画を立ててきたのに、カザフスタンビザはシングルエントリーか取れないわ、国境が突然3連日クローズするわで、何度も出鼻を挫かれています。

連休直後なのか、国境前は怒涛の人込み。でも国境は開かず、開いたのは12時すぎでした。なんとも「仕事しない」国境だこと。んもう。

人で溢れているので、カザフスタン側では国境への人の入りを制限し、国境間を走るバスの中で2時間も待機させられました。国境を越えてカザフスタンに入国したのは夕方でしたが、でも明日は朝一番で大使館に行きたいから、ひるまず、寝台バスに飛び乗って首都アルマトイАлматыまで向かいました。

今日から数日間、アメリカ人でカザフスタンの大学教授を勤めるジョン博士の家に泊めていただくことになっています。アルマトイで、どのビザ取りに成功するのか、そして失敗するのか。

失敗すれば、その国への訪問はなくなる。

もう、中央アジアの国々 -世界旅の難関群- へ挑むときが来てしまいました。
「アルマトイに着いた」、とは、緊張感を強いられる、そういうことです。
本日の旅
行動 :霍尔果斯からアルマトイへ移動、中国出国、カザフスタン入国
朝食 :包子(パオズ、肉まん)、豆腐脑(トーフノー、かたまりかけの豆腐の薄味汁物)、茶叶蛋(チャーイェタン、茶と醤油で味つきゆで卵)/霍尔果斯の食堂
昼食 :なし(移動していた)
夕食 :紅茶、パン、きゅうりトマトキドニービーンズのサラダ、バジルチーズオムレツ/ジョン博士の家
宿泊 :ジョン博士の家
関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ
旅情報
1中国元=13円
1カザフスタンテンゲ=0.59円

*コルガス国境越え
カザフスタン側では、中国から大量の物資を運び込む人でごった返す。狭い入口に大量の荷物と人が殺到するが、「デクレア・ニエット」(申告するもの、なし!)と言うと優先的に通してもらえる。
前日霍尔果斯
翌日アルマトイ
カレンダー / calendar