2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » 中国 »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» 中国 »
中国>2007年05月22日(Tue)
ウルムチ→水磨溝村→ウルムチ
:: 旅12日め : 世界旅1ヶ国め : 和人206ヶ国め : あづさ23ヶ国め ::

■今日は何処へ行こう
昨日申請したカザフスタンビザは、明日の正午に受領します。つまり今日は1日空き日なのです。2人とも微熱は下がったのですが、下痢は相変わらずです。でも折角ウルムチにいるのだから、簡単にでもお出かけしたいですよね。さて今日は何処へ行こうかな。

本当に元気なら、天池(テンチ)か南山(ナンシャン)景区という、高原地へ行きたいとも思っていたのですが、今朝はずっと雨が降っていて、しかも吐く息が白い! 乾燥地帯のウルムチでこんなにじとじと寒い天気があるなんて、意外でした。「街がこの天気だというのに山が良い天気で安定しているわけがない」という和人の意見はもっともで、とりあえず、高地行きは却下。代替案としてあがったのが、列車に乗って近郊の小さな町に行くことでした。バスに乗ってウルムチ南駅に行きますが、時刻表を見ても、どうもいいタイミングのものが見つかりませんでした。

そこで予定を変更して、「ウルムチ新10景」に選ばれている、水磨溝(Shuimogou)へ行ってみようということになりました。バスと徒歩で、郊外へ行ったのですが、歩いていると、通るバスの行き先に「温泉」と書いてあるのを見ました。「ねえ、温泉、行きたいナ」というあづさ。あづさは旅の目的の1つに「世界中の温泉」というのがあり、町の看板やバス表示に温泉の文字を見て、無性に行きたくなってしまったのです(^^;; バスの進行方向に歩いて、温泉施設を発見しました。

■ウルムチの温泉
「温泉浴療中心」という施設内の温泉は、個室で入るタイプでした。私たちは一番小さな個室を1時間10元で借りました。朝から小雨がちだったので、タオルを2本持参している点もラッキーですよね。泉質は、硫黄いっぱいのアルカリ泉で、お肌にとっても良さそうです。お湯の温度も日本人好みでした。ただ、かなり強い緑色のお湯は、最初びっくりしましたけど。

温泉帰りは肌がぽかぽかしています。朝出るときには震えていたほどの寒さだったのに、今はそれを感じません。温泉、行って良かったなー♪

■水磨溝風景区The Shuimogou Scenic Spot
「ウルムチ新10景」に選ばれている水磨溝公園に到着しました。そこは公園と清流が融合した大変に美しいところでした。私たちが入場するや否や、どしゃぶりになり、しばらくゲートで雨宿り。雨が止んだあとは、じっくりと公園内を散策できました。大きな水車が見所の1つで、勢いよく回る様子を間近で見ると壮観です。あづさは殊に水が好きなので、せせらぎの音がはっきり聞こえるところでの散策に、嬉々としていました。

水磨溝公園

お天気はイマイチだったけれど、天気がイマイチだからこそ出会えた「ウルムチの温泉」体験など、今日は思い出深い1日です。
本日の旅
行動 :水磨溝村の温泉、水磨溝風景区散策
朝食 :おかゆ、牛肉麺、包子/南駅前の店
昼食 :普通の拌面(バンミェン、うどんに羊肉と野菜炒めを乗せたもの)、肉いっぱい拌面/水磨溝村
夕食 :なし(昼が大盛りすぎてお腹がすかない)
宿泊 :孔雀大厦

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1元=16.0円

*ウルムチの温泉
「温泉浴療中心」へは、104番バスや34番バスで「温泉」下車。104バス終着の少し手前にある。
カレンダー / calendar