2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » フィンランド »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» フィンランド »
フィンランド>2007年06月29日(Fri)
★アウランコ→ハメーンリンナ→フォルサ→フイッテナ→ラッピ→キビキュラ
:: 旅50日め : 世界旅9ヶ国め : 和人206ヶ国め : あづさ31ヶ国め ::

■アウランコを出発
私たちは、4泊をテントで過ごしたアウランコを離れ、次の目的地であるラッピLappi方面へと移動します。

この4泊はかなりシビアでした・・・。何故ならば、水道がないから湖の水を沸かして飲み、電源も取れず、焚き火場で炊事すると全身が煙まみれになり、歯磨きも洗顔も湖の水で、シャワーは一回も浴びられず(日中天気が良かったら湖で泳げたのですがそれもできませんでした)、蠅のように大きな無数の蚊との戦い(※負けっぱなし、笑)。

雨で洗濯もできないから、4泊5日、ずっと同じものを着続けた。
それでも、なんかキャンプって楽しい。

1泊何十ユーロもするホテルやそれよりは安いキャンプサイトではなく、自然そのものの中にテントを張っての4泊ですもの。本当に楽しかったって、心からそう思います。

■石の世界、サンマラハデンマキ
さて、ハメーンリンナからアウランコに来るときはバスに乗りましたが、よく考えるとわずか10分程度のバスに1人2.7ユーロ(2人で1000円!)は高いんじゃない? そして、歩けばハメーンリンナに戻るまでの風景も楽しめるからということで、帰りは、6km近くもある行程ですが、バックパックを背負ってハメーンリンナの街まで歩くことにしました。途中お城の遺跡や美しい湖水風景も見られ、良かったです。

そしてバス3路線のチケットを通しで買い、ハメーンリンナ→フォルサForssa→フイッテナHuittinen→ラッピLappiと、延々移動しました。ラッピで下車すると、あたりには特に何もなさそうな風景しかありません。私たちはそこから更に4km以上も離れた、世界遺産サンマラハデンマキSammallahdenmakiまで歩きます。

しかし、1日10kmも、重いバックパックを背負って歩くことは大変です。まだ1度も日本に荷物を送っていないので、今までの旅でたまった地図やガイドブック各種など、重量はかなりのものです。でも頑張って歩き、途中、林のかたすみで夕食を広げ、再びともかく歩きました。

キビキュラKivikyla村の世界遺産サンマラハデンマキに着いたのはもう夜9時でした。北欧だからこの時間でもまだ明るいので、私たちは近くの森にテントを張ったあと、石の世界を歩いて観光することにしました。

サンマラハデンマキ

ここは青銅器時代に積み上げられた石が残されているところです。岩盤質の地面、幾種類もの苔に生された(むされた)色とりどりの無数の石、北欧フィンランドらしい直立の木に、どこをとっても平らなところなどない起伏だらけの大地。

あづさ「なんていうか、奇妙だよねぇ」
和人「そう、奇妙」
あづさ「なんか、いいよねぇ」
和人「楽しいよねー」

会話は、サンマラハデンマキの奇妙な光景にふさわしい(?)奇妙な内容ですが(^^ゞ 紀元前1500年という遥か昔から作り上げられた、石の文化に、夜10時の夕暮れの中、たった2人きりで観光していました。

今日は森の中のテント泊です。・・・期待していた水が・・・どこにもない。
飲み物も摂れず、顔も洗えず、歯も磨けずでしたが、私たちは奇妙極まる苔生す岩の大地で就寝しました。この苔生す光景は特異なもので、きっと一生忘れられないテント泊となるでしょう。

同じ服を着続けてのテント泊5日目。・・・そろそろシャワー浴びたいけどね(涙)。
本日の旅
行動 :アウランコからキビキュラへバスを乗り継いで移動、世界遺産サンマラハデンマキ観光
朝食 :にんじん玉ねぎスープ、マカロニのバター塩ソテー/湖畔の焚き火場
昼食 :ハムチーズサンドイッチ、クラッカーダイス乗せヨーグルト(バニラ味、リンゴ&レーズン味)/ハメーンリンナからフォルサに向かうバスの中
夕食 :ハムチーズサンドイッチ、AURINKO SALAATII(アウリンコサラティ、パイナップルキャベツにんじんのコールスローサラダ)、さくらんぼ/テントの中
宿泊 :世界遺産サンマラハデンマキ近くの森で野テント

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1ユーロ=170円

*世界遺産サンマラハデンマキSammallahdenmaki
バスを乗り継いでラッピLappiのバス停で下車。私たちはハメーンリンナHameenlinnaから3本のバスを乗り継いだ。単独でチケットを買うより3本のバスチケットを同時に購入すると安くなった。Lappiバス停に地図があるので、サンマラハデンマキ方面に4~5km歩く。サンマラハデンマキ自体は入場無料、24時間開放されている。簡易トイレあり。
カレンダー / calendar