2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » ベラルーシ »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» ベラルーシ »
ベラルーシ>2007年06月07日(Thu)
ミンスク→ミール→ネスビジュ→ミンスク
:: 旅28日め : 世界旅4ヶ国め : 和人206ヶ国め : あづさ26ヶ国め ::

■世界遺産めぐり1・ミール
今日は、ベラルーシの世界遺産めぐりの旅をしようと思います。

私たちはまずミンスク駅バスターミナルを朝出発するバスに乗り、ミールМирの村に向かいました。ここは世界遺産であるミール城があるところです。バスに乗り、2時間ほどしてミールの村に到着します。ワインレッドがかった可愛い色合いのお城が本当に素敵です。お腹もすいたので、お城に入る前に、お城を見ながらあづさ手作りのサンドイッチでランチタイムとしましょうか♪

ミール城

しばらくミール城観光をしましたが、小さなお城なので観光は割とすぐ終わりました。

さて次の目的地は、ネスビジュнесвiжです。ネスビジュの町に向かうバスは夕方5時のバスしかなく、バスが来るまで本当に時間潰しが大変でした。

■世界遺産めぐり2・ネスビジュ
ネスビジュの町に着きました。ここには世界遺産の教会があります。ただ、地図もなにも持っていないので、ガイドブックの英語名を頼りに、町の人に尋ねながら教会を探しました。ベラルーシ人は英語を話す人がほとんどいないので、英語名では通じないこともしばしばなのです。

たどりついたラズィウィルの宮殿城址(Radziwill Palace Fortress、Замок Рагзивилоб)は修復中で、古い当時のレンガ造りがむき出しになっている様子が見られました。修復したところはきれいに塗られているのですが・・・、まったく新しいものにするより、当時のものを再現するように保存してほしいなぁと、つい思ってしまいますよね。教会はきれいでしたけど。

・・・気分はメセルソンスタール(※遺伝子の半保存的複製を提唱した学者)。

ネスビジュからミンスクまでの戻り方もあまりよく分かりませんが、ミンスクに行くというおじさんに偶然出会えたことはラッキーです。そのおじさんと共にガラジェヤГарадзеяまでバスに乗り、列車に乗り換えてミンスクに戻りました。

ポリーナおばさんちに戻ったら深夜0時。

本当は、ミールの村を夕方5時に出る時点で、ネスビジュ行きを諦めようかとも思っていたんです。だって首都に深夜に着くなんて物騒すぎるから。

でも、ネスビジュからの帰りはおじさんと一緒になれたこともあり、頑張って1日で2つの世界遺産をめぐることができ、今日は大満足な1日でした。

夕食時は、「ベラコーラ」(Бела-Кола、ベラルーシ産コカコーラ、美味い!)で乾杯!
本日の旅
行動 :ミール村、ミール城観光、ネスビジュでラズィウィルの教会を観光
朝食 :昨夜の残り、コーヒー/ポリーナおばさんち
昼食 :サンドイッチ(ハム、チーズ、ポテトサラダ、ビーツサラダを組み合わせて4種)/ミール城前
夕食 :トマトにんにくナスのブイヨン煮込みソースがけパスタ、バターにんにくとろとろチーズのパスタ、ベラコーラ/ポリーナおばさんち
宿泊 :ポリーナおばさんち

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1ベラルーシルーブル=0.058円

*ミンスク-ミール:90km、ミール-ネスビジュ:30km、ネスビジュ-ミンスク:120km。
ミンスクからミールに行くにはミンスク駅隣のバスターミナル7番乗り場からナヴァグルダークНАВАГРУДАК行きバスに乗る。私たちは最初にミールに行ったがロンプラ記載の昼のネスビジュ行きバスがなく、夕方まで数時間をもてあましてしまった。最初にネスビジュに行きミールからミンスクに戻るほうが時間のロスなく2つの世界遺産を巡れるかもしれない。

*ロシアで1000円が約200ルーブルだったのに、ベラルーシでは1000円が約20000ルーブルになる。1000とか10000単位の数字をロシア語でもよいので覚えておき、使えるようにしておいたほうがいい。なおベラルーシには硬貨がないので、お札の種類が多いことも特徴。
カレンダー / calendar