2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » ポーランド »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» ポーランド »
ポーランド>2007年06月11日(Mon)
★ブレスト→テレスポル→ワルシャワ
:: 旅32日め : 世界旅5ヶ国め : 和人206ヶ国め : あづさ27ヶ国め ::

■ベラルーシからポーランドへ
本当は、次の旅はリトアニアでした。ビリニュスへ移動するはずでした。
なのに、ポーランドに向かっています。ワルシャワを目指しています。

当初ベラルーシの旅で予定になかったブレストに行くことになったためです。ブレストはベラルーシ西端の国境の街で、ポーランドに接しているためです。

目覚ましは朝5時半。眠い中、頑張って起き、朝7時にブレスト駅に到着しました。タモジェニТаможенный(税関のこと)にはすでに50人以上の人でごったがえしていました。ベラルーシに入国するとき入国審査がなかった私たちは、当然ベラルーシの入国カードを持っていません。幸いロシアの入国カードをちゃんと所持していたので、ロシアの入国カードでベラルーシから出国できることになりました。両国間で何か協定でもあるのでしょうか。

列車は、出発して10分もすると、ポーランドの国境の町テレスポルTerespolに到着しました。ここでは車両内で入国審査を受けます。無事に通過し、駅で次の列車運賃分を両替したあと、いいタイミングでワルシャワ行き列車に乗り継げました。

■世界遺産の街ワルシャワ
2人の世界旅は、5ヶ国めポーランドへ。

ポーランドに入ると、車窓から見る風景がぐっと明るさを増します。家屋の1つ1つがヨーロピアン調になり、走る車やその他いろいろなものを目にしては、ロシア圏からEU圏への変化を感じさせてくれます。居心地のよい4人がけソファ2つを2人で占有したリラックスコンパートメントに乗ること4時間、首都ワルシャワ(英:Warsaw、ポ:Warszawa)にはお昼過ぎに到着しました。ワルシャワに着くと、今まで英語が通じず苦労の連続でしたが、とたんに英語が通じるようになり旅がしやすくなることを実感します。

駅のインフォメーションセンターで教えてもらったホステル(ドミトリー)にチェックインし、荷物を置きました。さあさあ、のんびりしていられませんよ(*^o^*) ワルシャワは、旧市街の地域は、市街全体が世界遺産になっているのです。せっかくそこまで歩ける場所に宿が決まったのだから、早速観光にでかけましょう♪

和人が宿で用事を済ませている間、あづさは初めてのポーランドの街散策を1人で楽しみました。再び合流し、Nowy通りを歩くと・・・本当、街が美しいことに感激を覚えます。お散歩にはもってこいの、素敵な街です。そうして私たちは世界遺産登録地域である、ワルシャワ旧市街に到着しました。

中世の雰囲気を残したレンガ造りの建物が並ぶ街路は本当に素晴らしい。教会も素敵で、ああヨーロッパに来たんだーと感激もひとしおでした。広場になっているところには屋外のオープンバーがいくつもあります。そこで遅めのお昼ごはんですが、美味しいポーランドの伝統料理とビール。ちょっと奮発した、世界遺産の真ん中での素敵なビアランチでした♪

世界遺産ランチ

今日はバスにもメトロにも乗っていません。ずっとずっと、始終街を歩きました。シナゴーグ(ユダヤ教会)や教会の儀式を見学しながら、ずっとずっと街を歩きました

だって、ワルシャワ、素敵なんですもの。
歩かないと、もったいないよ。
本日の旅
行動 :ベラルーシ出国、ポーランド入国、ワルシャワへ移動、ワルシャワ世界遺産観光
朝食 :パン、チーズ、カップスープ、いちご山盛り、紅茶/宿
昼食 :Zur z biala kielbasa(ズールズビアラキエルバサ、白ボルシチ。ソーセージとピクルス風の酸味、生クリームを浮かべた薄いシチュー仕立て、乾燥オレガノの葉いっぱい)、Bigos(ビゴス、ザワークラウトのキャベツいっぱい、ソーセージやベーコンいっぱい燻製の香りがいっぱいのブイヨン仕立て薄いケチャップ味スープ)、パン、ビール/世界遺産ワルシャワ旧市街の中心地の屋外バー
夕食 :和人手作りスープパスタ、Salad KOPERKOM(サラダコペルコワ、キャベツとにんじんとディルだけの甘酢仕立て薄いマヨネーズの美味しいサラダ)、Oborki Makosolne(オヴォルキマウォソルネ、にんにくいっぱいと漬け込んだきゅうりピクルス)、ビール2種/ホステル
宿泊 :オレンジホステルORANGE HOSTEL
http://www.hostelorange.pl

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1ベラルーシルーブル=0.058円
1ポーランドズウォティ=45円

*ベラルーシからポーランドへ・2
私たちは朝7:50の列車チケットを買った。朝7時にタモジェニТаможенный(税関のこと)に行ったときは50人もの長蛇の列だったので、ギリギリに行くものではない。しかもロシアの出入国カードでベラルーシを出国した。ロシアを抜けて出入国カードを使わなかったからとはいえ絶対に捨ててはいけない。ポーランド側の国境の町テレスポルTerespolでは、入国審査は列車内。列車移動自体は10~15分程度なのに入国審査のための待ち時間で40分を要している。テレスポルからワルシャワ行きのバスは夕方までないので、私たちは8:20(ポーランドはベラルーシから時差-1時間)のワルシャワ行き列車に乗った。入国審査の待ち時間のうちに時計も時刻変更しておこう。なおテレスポル駅周辺でATMは見つからなかった。両替所のレートも少し悪い。列車代分だけをUSドル現金からポーランドズウォティに両替した。
カレンダー / calendar