2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » スペイン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» スペイン »
スペイン>2007年09月23日(Sun)
★イルン行き夜行列車→イルン→サンセバスチャン→トロシャ→ツマラージ→サンセバスチャン→バルセロナ行き夜行泊
:: 旅136日め : 世界旅31ヶ国め : 和人212ヶ国め : あづさ52ヶ国め ::

■夜行列車でイルンに到着:12h35m
朝、スペインとフランスの国境地帯(のうちスペイン側)のイルンIrunに到着しました。コンパートメントは2人きりでよく眠れました。イルンでサンセバスチャンSan SebastianからバルセロナBarcelonaまでの予約をすませたら、今からスペイン北部、いわゆるバスク地方の都市サンセバスチャンまで移動します。

■イルン→サンセバスチャン:20m
サンセバスチャンに到着しましたが、日曜日の朝ではお店が開いていません。なんとも閑散とした寂しい日曜日の道を歩いていたら、大きな教会ではミサが行われていました。教会に入り、後方の座席にすわり、1時間ほどのミサを見学しました。聞いている感じでは全部バスク語なので、神父の説教の意味は分かりませんが、それでも人々の信仰は強く伝わってきました。

週末バルセロナの移動は、なかなかうまくいきません。サンセバスチャンを早い時刻に出る列車がなく、バルセロナ行き列車は夜遅い時間のもののみ。だからといって見所も少ないこの街に1日滞在するのももったいなく、私たちはローカル列車に乗って、適当に田舎へと向かうことにしました。

■サンセバスチャン→トロシャ:35m
トロシャTolosaで降りたらなーんにもない(^^;; お腹がすいてお昼ごはんを食べたいと思っていたのにお店がないし、スーパーもクローズ・・・あちゃー。

日本だと日曜日こそ飲食店や商店が開いているものですが、海外ではまったくその逆という国もあるのですね。ちなみにスイスも日曜日は法律で商店が閉まるのだそうです。それはともかくお腹減った・・・。やっと開いていたのは、ホテル1Fで営業しているカフェバーでした。ここはスペインなので、まっさきにパエリアを注文し、スペインの食の入門編をクリアしました(^_^)V

でも、トロシャの町を中心部へ向けて歩いていると、実はそこは素敵な中世都市であることが分かりました。ツーリストインフォメーションで地図をもらって、古い建造物や門、教会などを見て歩きました。あまり観光地化されていない中世の町並みは、落ち着いて観光できました。

■トロシャ→ツマラージ:36m
トロシャを見終えても、まだバルセロナ行き夜行列車までは時間があるので、列車に乗って適当に、何があるかも分かりませんがツマラージZumarragaというところまで行きました。まず駅前の賑わいにびっくりしました。さきほどのトロシャでは日曜日で商店が閉まっていて、閑散とした印象が強かったのですが、駅前カフェも多くの人で賑わっていて、びっくりです。

なるほど、町を歩いていて気づきました。今日はこの地方のお祭りなのですね!

スペイン北東部はバスク地方とうバスク人の地域です。お祭りの会場では民族衣装を着た人々でいっぱいでした。大きな牛もいっぱいいて、少年少女達は天女が羽衣を纏う(まとう)かのように軽やかにターンを繰り返して踊っていました。

バスク人の少女

私たちの近くで踊っていた、女の子、男の子の表情、その輝きがとっても素敵。
周囲は陽が落ちて暗いのに、素晴らしい光が当たっているわけではないのに、とびきりの表情や振る舞いは光輝くように魅力いっぱいでした。

光のような少年少女に、一緒に踊ってみようと誘われ、バスク人のお祭りに参加したあづさ。
ステップを教えてくれた少年。
ずっとターンを続けていた少女。
牛の退場と共にいなくなってしまった光たち。

私たちは、その方向から駅へと帰ったけれど、もう光には会えなかった。

ツマラージのバスク人の祭りはとっても素敵だった。
偶然たどり着いた小さな町の小さな祭りは、今でもとても思い出深いものになっています。

■ツマラージ→サンセバスチャン:1h7m
さあ、サンセバスチャンに戻ってきた。
今から、いよいよバルセロナへ行こう。
本日の旅
行動 :ユーレイルパス旅12日め、イルン・サンセバスチャン・トロシャ・ツマラージ観光、バルセロナへ移動
朝食 :ポルトガルチョリソーとポルトガルチーズをはさんだサンドイッチ/サンセバスチャン行き列車の中
昼食 :Paella Mixta(パエージャミクスタ、鶏肉、豚肉と魚介のミックスパエリア)、Coque(コケ、四角い薄ピザ)/トロシャのホテル1Fカフェ
夕食 :Pulpo(プルポ、塩ゆでタコのぶつ切りと玉ねぎ赤ピーマンを薄いビネガーとオリーブオイルと共にマリネにしたもの)、Orejh de certo(オレハデセルト、豚の耳の厚切りを玉ねぎと少しのトマトとオリーブオイルと共にとろとろ煮にしたもの)、Tyanpinon(シャンピニオン、イカスミとオリーブオイルで真っ黒にソテーされたざく切りマッシュルーム)、ビール、バゲット/サンセバスチャン駅に隣接するホテルのタパス(スペインのおばんざい屋的なもの)
宿泊 :バルセロナ行き夜行列車

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1ユーロ=170円

*ポルトガルとスペイン
時差が1時間ある。ポルトガルからスペインへ入国するときは時計を1時間進める。
カレンダー / calendar