2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » ブラジル »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» ブラジル »
ブラジル>2010年02月04日(Thu)
★シウダーデルエステ→フォスドイグアス→イグアスの滝→フォスドイグアス→シウダーデルエステ
:: 旅1001日め : 世界旅178国め : 和人235ヶ国め : あづさ191ヶ国め ::

■南米の大瀑布へ
今日は、ブラジルで楽しみにしていたイグアスの滝へ。パラグアイの東の端にあるシウダーデルエステCiudad del Esteはブラジルと接していて、ここからバスに乗ると国境をスルーしてブラジル側のフォスドイグアスFoz do Iguacuの街に到着します。ここでは自主的に動かないとパスポートスタンプをもらえないので、イグアスを観光したあとはシウダーデルエステに戻ってくることが大事です。

シウダーデルエステのバスターミナルから「パルケナショナル」行きのバスに乗り換えます。パルケナショナルは国立公園という意味で、イグアスの滝を指しています。思ったよりもバスに乗っている時間が長くて、それでも朝10時台にはイグアスの滝に到着できました♪

イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンにまたがっていて、どちらからも観光することができます。私たちが選んだのはブラジル側。今回の旅計画だと、アルゼンチンはパタゴニア観光も含めて長くなりそうだけど、ブラジルが薄いからです。週に一度のフォークランド行きのフライトと年に数少ないピトケアン行きの船の日程を鑑みるとどうしても忙しいスケジュールとなってしまうのですが、スケジュールはチャンスの少ないそちらに合わせています。

アルゼンチン側とブラジル側のイグアス国立公園を合わせた面積は東京都よりも広くなるんだそう。滝の水量は毎分30億リットル・・・って言われたって何もピンとは来ませんが、世界3大瀑布のナイアガラが毎分2億リットル、もう1つのビクトリアフォールズが毎分5億リットル。なるほど、確かに、広い滝面積があるのだということは1ケタ多い数字からも分かります。

ブラジル側からの眺めはとっても素敵でした。ビクトリアフォールズへ行ったとき(≫こちら)と比べてみると、ビクトリアフォールズは幅1km以上の滝から、なんと言うか、水分子が横一直線に並んで足並み揃えて落下する感じなのに対し、イグアスの滝はあっちにこっちにもそこにも向こうにも滝がある。どこを見ても滝、滝、滝! というくらいの景観がすごく良かったです。そう、1個の滝をドンと楽しむビクトリアフォールズと、無数の滝の世界に包まれるイグアス、といった感じでしょうか。視界の先々にまで続く無数の滝を見て、でもそれらはやがてしぶきのスプレーで見えなくなる、その風景がものすごく気に入りました。

急流の上に建てられた手すりのみの遊歩道を歩くと、当然ずぶぬれになります。ここは滝が落ちるのを見上げてみることができる展望所です。大瀑布の水が落ちてくるところですから常に暴風雨!

ブラジル

こんな展望台にて。下を見れば急降下の滝が見られ、上を見れば落ちてくる滝を見られ、視界あちこちに滝・滝・滝!

カメラが濡れないようにとビニール袋と輪ゴムで作ってきた簡易防水バッグにカメラを入れて、自分自身はずぶ濡れになりながら、滝のしぶきを感じる時間が本当に楽しかった。周囲の観光客はこの展望所で水着姿になっている人もいました。とにかく、みんなしぶきいっぱい浴びてずぶ濡れになって、それがすごく楽しそう!!


フォスドイグアスの町に戻り、昼食はもちろんブラジル料理をいただきました。和人がガイドブックで探してくれた良さげなブラジル料理屋に行ったのです。ブラジルですから、お肉をメインにし、たくさんのサイドディッシュが並ぶビュッフェスタイルです。もちろん、マンジョーカ(キャッサバ芋、好物です!)もエンサラダ(野菜各種)食べ放題! 肉食満載&野菜欠乏の連続攻撃と猛暑によって最近本当に体力を失っていたので、涙が出るほど嬉しかった。いつも以上に酢をどばどばかけて食べていたのも、体が、体に良いものをずっと欲しがっていたからだろうなぁ。

ちょこっと、体力回復を感じました。
本日の旅
行動 :シウダーデルエステからイグアスの滝(ブラジル側)日帰り訪問
朝食 :esfira(エスフィーハ、パンの中にフィリングが入ったもの、今回は野菜角切り炒め入り)、Bolinha(ボリーヤ、大きな丸いコロッケ、今回は中に小麦粉チーズ鶏肉の裂いたものが入っている)、Acai(アサイー、ヤシ科フルーツのジュース)、カフェ(カフェオレ)/フォスドイグアスのファストフード
昼食 :/arroz(アロース、にんにく炒めご飯)、ゆで紫キャベツ、トマト、レタス、ボロネーゼスパゲティー、ラザニア、イガド(レバーソテー)、ステーキ、マンジョーカ(ゆでキャッサバ芋とチョリソーを角切りにして混ぜたもの)、フェイジャオン(黒豆ゆで)、ファロファ(キャッサバ粉の炒めたもの)、目玉焼き、ポテトサラダ、オレンジ/フォスドイグアスの食堂
夕食 :マテ茶/宿
宿泊 :オテルティアナンシーHotel tia Nancy
関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ
旅情報
1パラグアイグアラニー=0.02円
1ブラジルレアル=53.1円

*シウダーデルエステからイグアスの滝へ
シウダーデルエステのバスターミナルからフォスドイグアス行きバスに乗る(8500グアラニー(約170円)、所要1時間半)。そこから「パルケナショナル」(国立公園の意)行きのバス発着所へ行き、バスに乗る(2.2レアル(約120円)、所要40分)。私たちのときはバスは国境に止まらず素通りしたが、中には国境での抜き打ちチェックもあるということなので、パスポートは持っていったほうが良い。
カレンダー / calendar