206ヶ国一口コメント オセアニア編


オセアニア

南部

パプアニューギニア・・・異色の世界。変化の激しそうな国なので今の姿は想像できない。
鳥の羽などで着飾った半裸の人々、タリ、マウントハーゲン、ゴロカ
オーストラリア・・・システムが確立され、バックパッカーには世界一旅行し易い国。
アボリジニーの絵画・ディデュリルー、カンガルー・コアラ等の動物、エアーズロック
ニュージーランド・・・何があるわけでもないが、住んでも良いかなあと思える所。
ミルフォードサウンド、フォクス氷河、ロトルア、ダニーデン、テアナウ
ソロモン・・・島によって色々変化があり楽しめる。伝統文化もよく残りお勧め。今は政情不安が・・・
シェルマネー、マライタ島(水上集落)、ギゾ、ガダルカナル島(戦跡)、ムンダ
バヌアツ・・・離島への交通が不便で物価も高い。多くの場所を見逃し心残り。
ポートビラ
フィジー・・・信じがたいほど治安が悪い。2回も盗難に遭ったの国はここだけ。ホテルが危ない。
レブカ、ワヤ島、ナナウイ島、コーラルコースト、ナディ、スバ
(西)サモア・・・南太平洋の楽園。今のまま変らないで欲しいと祈るばかり・・・
壁のない家、バスのマナー、体中の刺青、ファガファウ、ラロマヌ、アピア
トンガ・・・サモアよりは開発されているが、ここも南太平洋の楽園。
木彫り、タパ(紙の布)、ウオレバ島、ババァウ島、フォア島、トンガタプー
ニューカレドニア・・・フランス領。天国に一番近い島とブームになっていたが・・・。
ヌーメア
クック・・・ニュージーランド領。日本人にはなじみが薄いが有名なリゾート。美人が多い。
島毎に発行された紙幣、木彫り、ダンス、ラロトンガ島
仏領ポリネシア・・・あのタヒティを含むフランス領の島々。海の美しさは今でも目に浮かぶ。
ボラボラ島の海、モーレア島の海と山、フアヒネ島、ライアテア島、タヒティ島

北部

ミクロネシア連邦・・・旧日本領南洋諸島。今でも日本語を話す人が多く、親しみやすい。住みたい!
日本が残した食文化、ナンマドール遺跡、珊瑚の海、シャカオ、コスラエ島の民泊
マーシャル・・・ここも旧日本領だが、今は米国の影響が強すぎる。ホテル代が法外に高い。
日本軍の遺物、刺身などの食事、マジュロ
キリバス・・・ミクロネシアの伝統文化がよく残る。タラワ環礁の周りは戦争の遺物だらけ。
タラワの海岸、北タラワの村々、タラワの町や村
ナウル・・・リン鉱石の産地で昔は金持ち国家だったが、今は掘り尽くし無残な姿。
採石現場と現場跡
ツバル・・・地球の温暖化で水没すると騒がれてるが、住民は気にしてない様子であった。
フナフチ
パラオ・・・独立国制覇の旅、最後の国となった。空からの眺め最高!刺さないクラゲの湖必見!
ジェリーフィッシュ湖、ロックアイランド、コロール
グアム・・・米領。米軍基地と日本人ご用達のリゾート。公共バスがなく個人客には不便。
タモン湾、アガナ
北マリアナ・・・米領。サイパンやテニアン島のこと。グアムより海がきれい。
サイパン、マニャハンガ島
最終更新日 27Jan11