2人の世界旅 日々の記録

4年3ヶ月、1日も欠かさず綴った旅日記
 旅して » 2人の世界旅 »旅日記 » スペイン »
 旅して » 旅紀行 »旅日記 » 世界旅» スペイン »
スペイン>2007年10月03日(Wed)
ジュネーブ→マドリッド→セビリア
:: 旅146日め : 世界旅33ヶ国め : 和人212ヶ国め : あづさ54ヶ国め ::

■スペインへ移動
イージージェットEasyjetのフライトは朝一番の便だったので、朝も暗いうちに空港へ向かいました。そして午前中のうちにスペインの首都マドリッドMadridに着いたのですが、ありゃりゃ外は見事にどしゃぶりです。今回は、アフリカへ向けてスペインを抜けることが目的なのですが、それと同時にスペイン南部にひろがるアンダルシアの世界に訪れることも目的となっています。

バスターミナルへ行ったら、丁度お昼すぎにアンダルシアの都市セビリアSevilla行きのバスがあることが分かったので、チケットを買って駅前で昼食を済ませました。

■セビリア
マドリッド発セビリア行きのバスはスペイン南部の山間部を通って進みます。ごつごつした風景もあるけれど、ほわんと円弧を描くようななだらかな丘にちょんちょんと家屋が見える様子は、「これぞアンダルシア」と思わせてくれる光景の1つ。これまで旅した、スペイン北部のバスク地方や、バルセロナに代表されるカタルーニャ地方とは、やっぱり違いは明瞭な気がします。

セビリアに到着したのが夜7時で、夕暮れが熱い街を冷ましてくれる時間帯でした。宿に荷物を置いて、夕食兼ねて街を散策すると、このアンダルシアの夜の美しさには見とれてしまうところが多くありました。

アンダルシアの夜

美味しいスペインの安飯にも大満足、昨日はほとんど寝ていないから、今日はぐっすり寝て、明日はセビリア観光を頑張ります。
本日の旅
行動 :スイスからスペインへ移動、マドリッドからセビリアへ移動、セビリア観光
朝食 :クロワッサン、コーヒー/ジュネーブ空港
昼食 :Patatas con salsa ali-oli(パタタスコンサルサアリオリ、ごろごろ大きなゆでじゃがににんにくマヨネーズを和えたサラダ、乾燥タラゴン乗せ)、Pincho moruno(ピンチョモルーノ、パプリカパウダーを下味に利かせた香ばしいグリル豚肉の串焼き)、フライドポテト、Cafe con leche(カフェコンレチェ、カフェオレのこと)/マドリッド駅前のレストラン
夕食 :Salchichon Iberico(サルチチョンイベリコ、イベリコ豚のサラミ、ポテトチップス付き)、Huevos de choco(ウエボスデチョコ、ゆで貝柱スライスのマヨ和え、チコリサラダ付き)、Ensaladadilla casela(エンサラディージャカセラ、にんじん赤ピーマンじゃがいもがすべて細かくなって形がなくとろとろしたマヨポテトサラダになっている)、Atun mechado Salsa verde(アトゥンメチャドサルサベルデ、ゆでまぐろスライスが緑ハーブにんにく入りオイルに浸っている)、Cerveza(セルベッサ、ビールのこと)、ビスケット盛り合わせ/セビリアのBODEGA(ボデガ、酒飲み場のこと)
宿泊 :ペンシオングラビナPension Gravina
http://www.hosteles-sp.com

関連ページ
行程 行程  お金 お金  写真 写真  お宿 お宿  ご飯 ご飯  ≫2人の世界旅トップ

旅情報
1スイスフラン=100円
1ユーロ=162円

*マドリッドからセビリアへの移動
マドリッドアトーチャ空港にRenfe(スペイン国鉄)の窓口があり、料金を確認すると1人72ユーロ(しかしスペイン最南端アルヘシラスまで65ユーロなのにその途中のセビリアのほうが高いとは・・・)。
私たちはバス1人18.15ユーロで移動した。途中トイレ&食事休憩あり。
http://www.trainticketairport.com
カレンダー / calendar