about 中南米カリブの旅

 1992年3月から93年4月にカリブ海を含む中南米の旅をしました。世界旅行のために退職し、アフリカ・欧州を旅した91年に続く二度目の大旅行です。
 出来るだけ多く見たいと思っていましたから、大半の国に訪れましたが、当時はまだ全独立国制覇など考えておらず、キューバ、ジャマイカ、バハマ、カナダの4ヶ国はこの旅の終了時点で残りました。また訪問国数も数えていなかったので、記念すべき100ヶ国目の到達は意識されておらず、どの国だったか記憶にはありません。(数えれば分かりますが…)
 訪問国数は、34ヶ国(非独立4ヶ国と最後の韓国を含む)。飛行機に乗りまくり、ガラパゴス島やイースター島といった離島を訪れたこともあり、かかった費用は161万円、1年なのに2年半かかった世界一周に近い出費!
 旅の終わりに、バックパックごとの盗難に遭い、終盤の日記やフィルムも失いました。記録が残っておらず、このまま放置していると何もかも忘れる事になりそうなので、10年以上前の旅ですが、ある資料を再構築し、残すことにしました。

 費用一覧もできましたが合計が合わず、出納帳を失っているので修正不能。よって非公開。
 旅行記はある程度書きますが、発表しない可能性大。一国一景のチリはこの時の話。
 写真館の写真も当該国の大半はこの時のもの。メキシコ、ペルー、ボリビアには他の時の写真あり。

SEP04
Top