滞在の長い国

中国 73日
旅の最初と最後がこの中国。人口世界一、面積も第4位。めちゃくちゃ広く、バライエティに富んだ国なので、この日数を割いても非常に忙しかった。この大国をまともに見ようと思ったら1年あっても足りない。
インドネシア 32日
人口世界第4位の大国。東西に長い国だが、飛行機であっという間に駆け抜けたつもりだったので、2番目に長い滞在だったとは意外である。
インド 31日
人口世界第2位の大国。これでもほんの一部を垣間見ただけ。行きたい場所はまだまだあったが、一度出国すると2ヶ月間は戻れないという新ルールができたため、この日数で終わった。
グアテマラ 28日
あづさがスペイン語学校に通ったため、滞在が長くなった。
ケニア 26日
インド洋周遊の航空券を買うために1週間。壊れたパソコンの修理、新たなパソコン購入と設定。過去の旅人の記録がない地域へ足を踏み入れるための準備に日数を費やし、ほとんど観光する時間もなかった。
カメルーン 25日
大量のビザ取りとあづさのマラリアで滞在が長くなった。見所の多い国だが、まだ旅の前半だったこの時点で過去最高の滞在となったので、観光をあきらめ先を急いだ。
タンザニア 24.5日
まずまずの大きさの国で、見所を駆け足で回るとこれくらいの日数となる。ベスト10の国の中で、唯一満足できる滞在期間だったと思う。
マダガスカル 22日
どうしても見たかった場所だけに絞り、駆け足で過ごしたが、それでも3週間以上の滞在。
英国 21.5日
スコットランドは予定通り回れたが、それで17日。残りはほんとうに駆け足の滞在となってしまった。
ガボン 21.5日
サントメプリンシペ行きの船が遅れに遅れた結果、ベスト10入り。船チェックに港に通った思い出しかない。
南アフリカ 21.5日
実質の滞在期間はもう少し短い。次の国の入国までに日数がかかる場合は、前後の国でその日数を折半して数えた結果でベスト10入り。実際にはセントヘレナ行きのクルーズ船に乗っていた日々があり、日記のページでは17日となっている。

*基本的には泊数で数えているが、夜行移動の場合には、前後の国で0.5日ずつ加算。その国から日帰りした国があれば、日帰り国が0.5日と数えるため、前後2泊した国も1.5日となる
*人口第4位までの国が上位3ヶ国までを占めている。抜けている第3位の国は米国。時間があればいくらでも行きたかったが、時間が足りないので今回は1都市のみに絞った。
*9位タイが3ヶ国あるので、全部で11ヶ国がリストにある。
24Aug2012
©2008-11 Kazuto