©2007-11 Azusa

コージーコテージインターナショナルホリデーパークCosy Cottage International Holiday Park ...ニュージーランド

ロトルア:36ニュージーランドドル(2495円)/2人
ニュージーランドの宿ここに泊まれば地熱地帯ロトルアを最大限に堪能できますよ。(1)湯煙の光景、(2)水蒸気を使ったマオリ伝統料理ハンギ調理場、(3)地熱で床暖房か岩盤浴のように暖かい癒しのテント泊、(4)無料シャベル貸し出しでロトルア湖畔で温泉掘り、(5)ロトルア湖畔で砂風呂、(6)和の情緒ある施設内温泉風呂。もっとここに泊まってこれらをずっと楽しみたかったなぁ。
http://www.cosycottage.co.nz/
【場所】バス下車地点(ツーリストインフォメーションがあるところ)からロトルア湖方面へ歩きLake通りを左折、次にWhittaker通りを右折して数分歩くと右側に看板が見える。サイト内に地図あり。


タウポオールシーズンズホリデーパークTaupo All Seasons Holiday Park ...ニュージーランド

タウポ:1日目36ニュージーランドドル(2495円)、2日目34ドル(2356円)/2人
ニュージーランドの宿大体ドミトリー(相部屋)泊でも1人20ドルは相場のニュージーランドですから、温泉つき素敵設備の宿にこの価格で泊まれるのはテント持参ならではの利点と言えるでしょう。料金変更日前日にチェックインしているので支払い価格が両日で異なりました。広いキッチン広いリビング、何より温泉プールで朝風呂を浴びるのが気持ちよかったです。様々なタイプの個室もあります。
http://www.taupoallseasons.co.nz/
【場所】バスターミナルから2kmくらいワイカト川方面に向かって歩いたところ。Rangatira通りとMatipo通りの接するあたり。サイト内に地図あり。


ホワイトホースヒルキャンプグラウンドWhitehorse Hill Campground ...ニュージーランド

マウントクック:-
ニュージーランドの宿クライストチャーチの観光を足早に済ませ、目指すはNZ最高峰マウントクック!・・・のふもと村。環境保全省(DOC)が管理するキャンプサイトに泊まりました。水洗トイレ、飲用水、屋根付き小屋がありますが、電気、調理燃料はありません。1人6ドルの支払いにお釣りが必要で、翌朝7~8時に巡回するレンジャーに払おうと思っていたら、レンジャー来なかった(・ ゴメンチャイ
【場所】ハーミテージホテルからフッカーヴァレートラック方面へ徒歩1kmくらい。


ジャンダルメリーgendarmerie ...仏領ポリネシア

リキテア:-
仏領ポリネシアの宿仏領ポリネシアの離島マンガレバ島で、泊まるところを探していたら地元のおばさんが相談を聞いてくれ、その旦那様に私たちが泊まるところを探していると電話で相談してくれました。旦那様は実はジャンダルメリー(警察や刑務所を兼ねる施設)のおエライさんで、私たちは広大な庭に3泊キャンプさせてもらえることになったのです♪きれいな海に面していて水道付き電源もとれる、人も良いこの島で楽しい3泊を過ごせました。
【場所】港に上陸してすぐのところにあるメインロードを左折して5分ほど歩くと左手がジャンダルメリー。


モアイを見ながら ...チリ

島北東部:-
チリの宿えへへ、歩いてイースター島一周モアイめぐり~、をしたくなっちゃいました。夜はテントからモアイが見えるところで、幸せにおやすみなさーい♪ 漆黒の夜空に満天の星と呼ぶべきまばゆい天の川がすっごくきれいで、イースター島に来たなら最高といえるロケーションでした。

キャンピングミヒノアCamping Mihinoa ...チリ

ハンガロア:10950ペソ(1928円)/2人
チリの宿物価の高いイースター島では、キャンプ泊が最安です。1泊だけだと1人5500ペソですが、2泊目以降は4500ペソになります。キッチンや食事スペースは広くて使いやすいですがトイレやシャワーは普通。キャンプサイトはちょっと石がごろごろしていてマットがないと辛いし、大雨が降ると土壌が洪水を起こすそうです。ネットは有料。モアイ像の前で寝るとオツ。
【場所】町で聞けば誰もが知っている。LAN航空オフィスから北西にまっすぐ進むとキャンプサイトが見えます。ただミヒノアに行くと決めていれば、空港の宿情報デスクで宿の人が待っているので声をかければ無料で連れて行ってもらえます。


ケイズビーアンドビーKay's B&B ...フォークランド

スタンレー:13英国ポンド(2398円)/2人
フォークランドの宿ケイおばあちゃんが経営するB&Bの可愛いお庭がキャンプサイトです。家のリビングも使わせてもらえます。キャンプ料2人で5ポンド、朝食とシャワーが1人4ポンド、計1日13ポンド。頻繁にアフタヌーンティーで手作りのおやつを食べさせてくれるので、朝食抜きの5ポンドのみの支払いで、というのは、ちょっと気持ち的に難しいよ(^^ゞ 嵐の夜は庭の倉庫の中の折りたたみベッドで寝させてくれました。
【場所】海に面したところにあるツーリストインフォメーションからRoad通りを西に進んで2つめの角を左折してVilliers通りに入り、2つめの角を右折してDruryに入って数十m歩くと左手に看板が見える。


カプリ湖キャンプサイト ...アルゼンチン

カプリ湖:-
アルゼンチンの宿いやぁ~、フィッツロイトレッキングのキャンプサイトはすんっばらしい!!なんたって、どこの川でも湖でもすべての水が飲用で(水持たなくていいから歩くのが楽です)、キャンプサイトは無料で、しかも国立公園入場料まで無料ときた! トイレも設置されていて、何より名峰の絶景を見てはうっとりできる。食糧さえ持参できれば何日でもいられる快適さです。風が強い日でも林の中は微風なので寒くありませんでした。
【場所】最寄りの町はエルチャルテン。フィッツロイトレッキングルートを約1時間半~2時間歩いたところにある。


ポインセノットキャンプサイト ...アルゼンチン

ポインセノット:-
アルゼンチンの宿いやぁ~、フィッツロイトレッキングのキャンプサイトはすんっばらしい!!なんたって、どこの川でも湖でもすべての水が飲用で(水持たなくていいから歩くのが楽です)、キャンプサイトは無料で、しかも国立公園入場料まで無料ときた! トイレも設置されていて、何より名峰の絶景を見てはうっとりできる。食糧さえ持参できれば何日でもいられる快適さです。枯れ木(板状)拾ってダイニングテーブル作ってワインで乾杯♪
【場所】最寄りの町はエルチャルテン。フィッツロイトレッキングルートを、カプリ湖を経由して、約3~4時間歩いたところにある。


ルガールパラアカンパールLugar para acampar ...アルゼンチン

プルママルカ:16ペソ(393円)/2人
アルゼンチンの宿小さな村なのに妙にツーリストが多いのは最近ウマワカ渓谷の人気が高まっている証拠でしょうか。庭を持っている民家もキャンプサイトとして場所貸ししています。ここは庭の土壌は固くてペグ(テントを支えるために土に打つくぎ)が刺さりませんし、トイレシャワーもきれいさいまいち。シャワーを浴びる場合は別途4ペソ必要だそうです。でも安いよね。看板の「Lugar para acampar」とは「キャンプする場所」という意味です。
【場所】プルママルカでバスを下車したら、多分進行方向右手にピンクのグラデーションの丘が見えている。バスの下車地点から数m進んだところの最初の十字路を右折してピンクのグラデーションの丘へ向かうと、2ブロックめの角の手前に「Lugar para acampar」という看板が出ている。


ティワナク遺跡博物館の庭 ...ボリビア

ティワナク:-
ボリビアの宿ティワナク遺跡に到着したら夕方。観光は明日にして宿探しと思っても遺跡付近にはぱっとした宿がありません。博物館員が「遺跡は明日になるけど今日は博物館だけ見ていっていいよ」と親切にしてくれ、そのままつい「ここの庭でキャンプできますか」と聞いたら2つ返事でOKをもらいました。写真は左が博物館建物、奥が警察官宿舎(治安面心配なし!)、手前はインカの神ビラコチャのレリーフ。
【場所】ティワナク遺跡目の前にある博物館正面玄関の斜め前。


ミラドールナトゥラルMirador Natural ...ペルー

ナスカ郊外:-
ペルーの宿ペルーで最も愛してきたナスカの地上絵のある大地で、ずっと過ごしたかった。ミラドールナトゥラルは地上絵の線が多数交差するところにある自然の丘です。夕暮れに伸びるナスカラインを見て、夕焼けを見て、そのまま星を見て、風の音を聞きながらテントで寝ました。始終ナスカの地上絵と過ごすことができ、嬉しかったです。一応丘のすぐふもとで、地上絵の線にはかぶっていないところですよ、もちろん。
【場所】ナスカ市街地からパンアメリカンハイウェイを北上しておよそ20kmのところ


Page 1/7: 1 2 3 4 5 6 7 > >>
【お宿検索】
国名や都市名などを入力してください。

★価格帯別一覧
 10000円以上
 8000円以上
 7000円以上
 6000円以上
 5000円以上
 4500円以上
 4000円以上
 3500円以上
 3000円以上
 2500円以上
 2000円以上
 1500円以上
 1000円以上
 500円以上
 500円未満
 無料泊
 乗り物泊
 ドミ泊
 持参テント泊
 キッチン開放(民家除く)

2人分1泊の価格区分です。

・・・「1泊3000円出せばまずまずのところに泊まれるのね」とか、「1泊数百円だと私にはきついわ」とか、「3000円切るとアフリカでは部屋なのにヨーロッパだとキャンプなのね」とか、「このあたりの国ではテント泊の出番はないのね」とか、いろんな推測をご自由にどうぞ(^-^)

テントは出発時から192ヶ国目フィジーまで所持していました。