©2007-11 Azusa

キノピー宅 ...ナミビア

カラスバーグ:-
ナミビアの宿ボランティアで来ていらっしゃる方とウィントフックの宿で知り合いました。そのときはお住まいの町を耳にしただけでお別れ。でも後日、ヒッチハイクした車のおじさんがその町の住民で、私たちもその町に行くことになり・・・たどり着いた所がその方のお宅だったのです。他の日本人の方とも歓談が弾み、夜はお部屋に泊めていただけました。ありがとねー♪

キートマンズホープ行き夜行列車 ...ナミビア

ウィントフック→キートマンズホープ:81ドル(1134円)/人
ナミビアの宿ナミビアの夜行列車、悪くありません。座席はリクライニングがあり、シートも比較的柔らかく、お尻が痛くなりませんでした。車内毛布レンタルは別途6ドルだそうです。

ナムトニレストキャンプNamutoni Rest Camp ...ナミビア

ナムトニ:300ドル(4200円)/2人
ナミビアの宿エトーシャ国立公園には、南入口、東入口、その中間の3ヶ所に宿泊施設があり、私たちは南から入ってサファリを堪能したあと東入口のキャンプサイトに泊まりました。動物が夜中に集まる水飲み場も徒歩すぐです。お湯シャワー水洗トイレその他など施設は充実。場所代4人で200ドル+宿泊1人あたり100ドルで、4人で泊まったものを2等分した価格を記載しています。
【場所】エトーシャ国立公園東ゲートの近く。ゲート入ってすぐのレセプションで手続きをする。


バンホフホテルBahnhof Hotel ...ナミビア

ウサコス:250ドル(3500円)/室
ナミビアの宿観光とは遠く離れたナミビアの片田舎ウサコスの町。ここで数少ない宿の1つです。ドイツ風バーの併設宿ですが、きれい&快適が揃いました。それもそのはず、安宿を探していると相談したオーナー息子が1室250ドルで泊まらせてくれたのですが、本当は約500ドルのラグジャリーツインだったようです。何ともナミビア人の優しいこと!
【場所】町のガソリンスタンドの近くですが、レンタカーでぐるぐるまわって見つけたので正確な方角等が不明。


コートヤードホテルペンションThe Courtyard Hotel Pension ...ナミビア

ウォルビスベイ:200ドル(2800円)/2人
ナミビアの宿地図も持っていないウォルビスベイの街に着いたのが夜でした。路上やガソリンスタンドで安い宿を尋ねたとき親切おじさんが連れてきてくれたところです。通常2人1室約600ドルのところ、交渉の結果4人1室で400ドルにしてくれたんです。優雅なビュッフェ朝食(多分これだけで1人100ドルはする内容)が付き、何ともナミビア人の優しいこと!
http://www.thecourtyardhotel.com
【場所】親切おじさんの案内で車で訪れたので正確な位置不明。


セスリエムキャンプサイトSesriem Camp Site ...ナミビア

セスリエム:450ドル(6300円)/2人
ナミビアの宿ナミブ砂漠で、かのデューン45で日の出を見るためには国立公園ゲート内で宿泊する必要があり、その選択肢はキャンプサイトか1泊5万円はするだろうロッジとなります。人気の場所なので事前予約も必須。場所代4人で300ドル+宿泊1人あたり150ドルで、4人で泊まったものを2等分した価格を記載しています。お湯シャワー水洗トイレなど設備は問題なしです。
http://www.nwr.com.na
【場所】ナミブ砂漠ゲートで手続きし、係員に案内してもらう。


カードボードボックスバックパッカーズThe Cardboard Box Backpackers ...ナミビア

ウィントフック:キャンプ120ドル(1680円/2人、ダブル小部屋130ドル(1820円)/室
ナミビアの宿ウィントフックでは有名な宿で、ここで見た日本人旅行者の数は1年間の世界旅で出会った数の数倍、驚き!(前者7、8人、後者2人)。電熱式キッチン、お湯シャワー水洗トイレ、インターネット(日本語×、自PC接続×、USB×)、1人20ドル相当の朝食つき。しかし食事や歓談の場所は主に屋外なので寒い時期は辛いです。でも中央部アフリカから来たら、パラダイス宿!
http://cardboardbox.com.na
【場所】街中心(Post St Mall)からならいったんBulow Stに出て西に進み、左手に大きなスーパーマーケットを見過ごして次の信号を渡り、道なりに進んだところですぐ左折、次の角を右折、次の十字路の左側の角にある。


ウークンウェゲストハウスUukumwe Guest House ...ナミビア

オシャカティ:85ドル(1190円)/室
ナミビアの宿オシャカティで別途泊まったウークンウェルームズよりは町の中心部に近いところにあります。こちらは部屋にコンセントがついており、室内に水洗トイレと水シャワーもついていたので、気に入りました。両隣が、食べ物を買えるショップになっているのも心強いです。
【場所】オシャカティ中心部より東、メインロード沿い。


ヒンバ族の村 ...ナミビア

オフングムレ:-
ナミビアの宿オプウォの宿の主人がヒンバ族の友人を紹介してくれ、その方の妹が第一夫人として暮らす集落へ行きました。是非宿泊をとお願いし、ヒンバ族の暮らしに混ぜてもらいました。訪問には食糧などの手土産が必要なので、詳しい方のアドバイスを受け習慣に従って下さい。私たちは交渉の上で案内料150ドル(2100円)を別途支払っています。

オレネスレストキャンプOreness Rest Camp ...ナミビア

オプウォ:110ドル(1540円)/2人
ナミビアの宿乗り合いタクシーのドライバーにオプウォのキャンプサイトの案内をお願いしたらここにたどりつきました。町一番のスーパーマーケット「OKグロッサリー」の裏にはヒンバ族が集う市場(マーケット)があり、その裏手に位置する宿です。ナミビア伝統住居を模したコテージもありますが、私たちは安く庭テント泊にしました。水シャワー、水洗トイレ、バーつき。1人55ドル×人数という計算です。
【場所】町一番のスーパーマーケット「OKグロッサリー」の裏の小道を進んで舗装道路に出たところにある宿。


ウークンウェルームズUukumwe Rooms ...ナミビア

オシャカティ:60ドル(840円)/室
ナミビアの宿オシャカティの東の端にある、バー併設の小さな宿です。部屋に電源を取る場所がなく、隣の商店&バーのカウンターに頼まなければならないのが少々不安な点。水シャワー、水洗トイレ共同です。ま、安いのが取り得といったところ。
【場所】オシャカティ中心部より東、メインロード沿い。


Page 1/1: 1
【お宿検索】
国名や都市名などを入力してください。

★価格帯別一覧
 10000円以上
 8000円以上
 7000円以上
 6000円以上
 5000円以上
 4500円以上
 4000円以上
 3500円以上
 3000円以上
 2500円以上
 2000円以上
 1500円以上
 1000円以上
 500円以上
 500円未満
 無料泊
 乗り物泊
 ドミ泊
 持参テント泊
 キッチン開放(民家除く)

2人分1泊の価格区分です。

・・・「1泊3000円出せばまずまずのところに泊まれるのね」とか、「1泊数百円だと私にはきついわ」とか、「3000円切るとアフリカでは部屋なのにヨーロッパだとキャンプなのね」とか、「このあたりの国ではテント泊の出番はないのね」とか、いろんな推測をご自由にどうぞ(^-^)

テントは出発時から192ヶ国目フィジーまで所持していました。