国一覧 / name order

©2007-17 Kazuto & Azusa

ホテルシティータワーHOTEL CITY TOWER ...インド

トリバンドラム:500ルピー(1013円)/室
インドの宿トリバンドラムはなかなか安宿がなくて宿探しが大変でした。ここは少々老朽化しているけれども、その分風通しが良くて他の宿よりも熱気がこもっていなかったのが良くて選びました。室内ツインベッド天井ファン、水洗トイレ水シャワー。別途洗面台あり。受付で蚊取り線香をくれる(それほど蚊が多いということ)。
【場所】鉄道駅を出て目の前の大通りを左に進み、大きな道との交差点を右折するとすぐ右手に宿がある。


アレッピーレジデンシーAlleppey Residency ...インド

アレッピー:340ルピー(689円)/室
インドの宿質素な宿だけれども、室内ホットシャワー&水洗トイレ、天井ファンツインベッドなど、とりあえず快適に過ごせることができる宿。ダニや蚊がいて対策はしたほうがよい。もう少し掃除してくれればと思う室内。でもバスターミナルからもバックウォーターの船乗り場からも近くて、立地よし。
【場所】バスターミナル目の前の運河の対岸あたり。歩いていくにはバスターミナルから出て左に進むと橋があるのでそこを渡って少々迂回。


サファイヤツーリストホームSapphire TOURIST HOME ...インド

コーチン:400ルピー(810円)/室
インドの宿ダニのいない宿を求めてお引越し。きれいで風通しの良い部屋を念入りに選んだのに結局夜はダニ&南京虫が発生しました。室内ツインベッドテーブル棚、水シャワー水洗トイレ天井ファン。部屋によってコンセント位置も違う。レセプション前に飲用水タンクあり。
【場所】メインのジェッティー(フェリー乗り場)を出て、目の前の道を渡り直進。1分歩くと左手に宿。


ホテルマリーナレジェンシーHOTEL Mareena Regency ...インド

コーチン:787ルピー(1460円)/室
インドの宿見た感じも、内装も、なかなか高級そう~な宿に入りました。コーチンでは安宿は外国人宿泊ライセンスを持っていないところが多くて、それならこういうところでいいかなと思って。日当たりも良くシャワールームも清潔&快適ですごく良かったのに、ベッドに大量のダニ&南京虫がいて、南インドたる悲惨さを味わい、1泊で撤退しました。
【場所】ホスピタルロード沿い。シルクのデパート「Kalyan Silks」の隣。


コーチン行き夜行列車 ...インド

コインバトール→コーチン:72ルピー(146円)/人
インドの宿(※料金はメタヤップラムからコーチンの通しのものです)
「空いている席を狙って、予定より先に進んでいこう」と思って予約なしで夜中のプラットホームへ。でも来る電車は床まで人がいっぱい! 通常車両は通路も細くてとてもじゃないけれどもここにはいられないという程の混雑ぶりでしたが、最後尾車両の障害者車両は少しすいていた。そこでシートを敷いて床に座って、コーチンを目指しました。障害者用車両に乗っていたインド人は皆健常者でした。

ラジャロッジRAJA LODGE ...インド

ウーティ:200ルピー(405円)/室
インドの宿200ルピーはまあ安いですね。少し古い家屋ですが、駅から近くて便利です。室内ダブルベッド、インド式水洗トイレと水シャワー。標高2200mの高原地で冬の水シャワーは無理。頼むとバケツでお湯を持ってきてくれます。部屋のコンセントが天井付近にあるのが使いにくかったです。チェックアウト後荷物預かり無料。
【場所】鉄道駅を出て目の前の五叉路を渡り1つめの左折角を曲がって1分歩くと右手に看板が見える。


ウーティ行き夜行バス ...インド

タンジャブール→ウーティ:220ルピー(445円)/人
インドの宿タンジャブール0時発、ウーティまで10時間半。車内ダニ&南京虫だらけ!!下車する頃には全身に数百箇所といっても過言でない発疹(喰われ痕)が強度のかゆみと共に残りました。最悪。車内トイレもないのに何がVIPバスだか。ちなみにチケット申込用紙代として別途1ルピー(2円)が徴収されます。

アンブロッジANBU LODGE ...インド

タンジャブール:250ルピー(506円)/室
インドの宿タンジャブールに集まる安宿の中で、安くて良かったところです。広い部屋にはダブルベッド、微調整可能な天井ファン、棚、インド式水洗トイレ、ホットシャワー、別途洗面台。停電時の発電機もあり。1泊だけにはもったいないところでした。もっといたかった。チェックアウト後の荷物預かりも無料。
【場所】オールドバススタンド(バスターミナル)の西出口を出て右折、最初の交差点を右折、大通りに出る30mほど手前に宿の看板があるので、そこの細い路地を入った突き当りにある。


ティルチラパッリ行き夜行列車 ...インド

チェンナイ→ティルチラパッリ:165ルピー(335円)/人
インドの宿いつものスリーパークラス(3段ベッドの安い寝台)。でも車体が新しくてトイレもきれいで、しかも!PCや携帯を持つ人のための壁コンセントつき!これには驚きました。

アビラミホテルズボーディングアンドロッジングAbbirami Hotels Boarding & Lodging ...インド

チェンナイ:660ルピー(1337円)/室
インドの宿チェンナイは安宿があまりないので、このくらいの価格帯で御の字と思って泊まりました(近所に400ルピーの宿は確認しましたがぼろかった)。新築でものすごくきれい!素敵!快適!!嬉しい宿です。室内ダブルベッドテーブル壁付けテレビ、水洗トイレホットシャワー天井ファン。蚊取り電気線香あり。1階はレストラン。1泊で出る予定を組んでいたのが惜しまれるナイス物件。
【場所】エグモレ駅を出て目の前の道を右に進み、大きな道路を越えてすぐ左手に見えるAXIS銀行の隣。1階が同名のレストランになっている。


チェンナイ行き夜行列車 ...インド

ブバネシュワル→チェンナイ:401ルピー(812円)/人
インドの宿南インドへ向けて、夜行列車。スリーパークラスの3段ベッドです。今までインドで乗った列車はトイレも結構きれいで良いなーと思っていたけれど、この列車は外れクジ引いちゃったみたいで、車体オンボロ、おトイレもきれいじゃなくて、寝台までちょっと匂いが流れてくる・・・。嫌だわ。

サンタナロッジSantana Lodge ...インド

プリー:280ルピー(567円)/2人
インドの宿少しゆっくりしようと思って、1日2食つきの日本人宿に滞在を決めました。日本語ペラペラのインド人管理人、wifi&ランケーブル部屋設置&設置PC。ダブルの室内はベッド1つ棚1つ、水シャワー水洗トイレつき。写真はたくさんある日本語書籍の山(貸し出し有料)。インド人にインドのことを聞ける環境も、いつも厨房を見せてもらえるのも、何かと良かった。1日2食つきは楽ちんだけど、ごはんはあまり美味しくなかった。
【場所】シーティーロードC.T.Road(宿が集まる通り)の東の端の突き当たりを左折し、直ちに右折の道を曲がり、直ちに右折すると、右手に宿がある。もし分からなければ、シーティーロードで目立っているお城のような高級宿(サンタナホテル)と同経営なので、そちらで訊ねると教えてくれる。ちなみにそのサンタナホテルのレストランは美味しいのでしょっちゅうそこに通っていました。


次 »
★価格帯別一覧
 10000円以上
 8000円以上
 7000円以上
 6000円以上
 5000円以上
 4500円以上
 4000円以上
 3500円以上
 3000円以上
 2500円以上
 2000円以上
 1500円以上
 1000円以上
 500円以上
 500円未満
 無料泊
 乗り物泊
 ドミ泊
 持参テント泊
 キッチン開放(民家除く)

2人分1泊の価格区分です。

・・・「1泊3000円出せばまずまずのところに泊まれるのね」とか、「1泊数百円だと私にはきついわ」とか、「3000円切るとアフリカでは部屋なのにヨーロッパだとキャンプなのね」とか、「このあたりの国ではテント泊の出番はないのね」とか、いろんな推測をご自由にどうぞ(^-^)

テントは出発時から192ヶ国目フィジーまで所持していました。