世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

Cous cous(クスクス) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
粒状のパスタをふかしたものがクスクスで、煮込み料理などをかけていただきます。北アフリカから宗主国フランスに渡り、フランス領ニューカレドニアにも根付いた、世界規模の美食の一品です。ここでもクスクスとソースのセットが簡単に手に入ります。

Taboule(タブレ) ...ウォーリスアンドフツナ

ウォーリスアンドフツナ料理
クスクス(粒状パスタ)を使っていますが、フランス人に「これはクスクスではなくタブレ」と言われました。刻み野菜やハーブ(ミントやパセリ)を炊いたクスクスに混ぜ、ビネガー仕立ての美味しいサラダにしました。もとはレバノンあたりの料理ですが、フランス系(つまりチュニジアなどマグレブの影響が強い地域)ではハーブの量がぐっと少ない点に特徴があると思います。味うましっ!

sopa(ソパ) ...ペルー

ペルー料理
ペルーの安飯はセットメニューになっていて、メインを注文すると、最初にソパ(その日のスープ)、最後にドリンクがついてきます。写真はペルーでよく見た「セモリナ」が入ったスープ。唐揚げ粉にも使われる、クスクスが小さくなったような、でもパウダーではない粉が浮き実になっています。

cous cous(クスクス) ...マルティニーク

マルティニーク料理
フランスは北アフリカアラブ地域の宗主国で、そのフランスつながりで、カリブ海フランス領土にもクスクスは強く根付いています。スーパーに行ったらクスクスやクスクスソースが多様に売られていました。小さな粒状パスタをふかして、煮込み類をかけていただきます。

タブレ ...グアドループ

グアドループ料理
フランスとアラブの融合食、タブレ(またはタブーリ)。クスクスという粒状パスタにミントなどを刻んで加えるのが基本レシピです。写真はナチュラリストおばさんがもてなしてくれた夕食。庭の野草に、庭のココナッツなど、自然味豊かかつ食材を大事に使う心がけが、幸せ気分を作ってくれます。

クスクス、ソス ...チャド

チャド料理
本格的なチャドクスクスは、お湯に油とクスクスを入れて火で加熱し続けて作った、パサパサ感のない大変に美味しい出来でした。ソスはトマト、紫玉ねぎ、じゃがいも、緑ピーマンを野菜カッターでみじん切りにしてさっと煮ただけのフレッシュソースです。鶏の素揚げをおかずにいただきました。クスクスといえば煮込みソースと思い込んでいただけに、これは大変勉強になりました。

クスクス、レ ...チャド

チャド料理
砕いたミルを炊いたクスクスに、レ(牛乳)をかけていただく質素な食事です。電気が供給されない地域の牛乳は、きっと搾りたてなのでしょうね。甘みがあり、全体の味をキメています。

クスクスとエロ ...カメルーン

カメルーン料理
クスクスファンの皆様、カメルーンでは騙されないように。ここでクスクスとはマニオク粉を練ってまとめたものを指します。エロスープは、ギニアやシエラレオネでよく食べた、イモの葉とヤシ油のどろどろ煮込みです。辛味もあります。カメルーン周辺国ではあまり見かけないのですが、ここで再会しました。

クスクスとフォレレ ...カメルーン

カメルーン料理
クスクスファンの皆様、カメルーンでは騙されないように。ここでクスクスとはとうもろこし粉を練ってまとめた「ヴタリ」とも呼ばれるもので、フランス語では「パテドマイス(とうもろこしのパテ)」に相当するものを指します。・・・で、フォレレ♪ すんごく美味しくてリピート何度もしました。ねぎのような葉と、ブイヨン&ミルク仕立てのソース。ホワイトシチューのような旨みがヨーロピアン!

クスクスとケレンケレン ...カメルーン

カメルーン料理
クスクスファンの皆様、カメルーンでは騙されないように。ここでクスクスとはとうもろこし粉を練ってまとめた「ヴタリ」とも呼ばれるもので、フランス語では「パテドマイス(とうもろこしのパテ)」に相当するものを指します。ケレンケレンは風味の強い葉と豆をモツと共にしょっぱく煮たどろどろソースで、旨みがあります。

セモビタ ...ナイジェリア

ナイジェリア料理
写真右。とうもろこしの粗挽きの粉をクスクスのように炊いてまとめたものです。手でちぎって食べると口のなかでほぐれて、まるでクスクスを食べているような食感が得られます。これを、各種スープにつけていただきます。

クスクス ...ニジェール

ニジェール料理
サハラとサヘルの国、ニジェールです。粒状のパスタをふかして主食として食べるもので、煮込みがかかっています。砂漠の民の、大事な食事です。

イグナム(ヤムイモ)で作ったクスクス ...ベナン

ベナン料理
イグナム(ヤムイモ)はベナンの大事な主食です。クスクスの本場モロッコでは、クスクスはパスタと同じデュラムセムリナ粉で作ったものを指しますが、ベナンのクスクスは、ヤムイモを粒状にしたものです。これを炊いて、油や塩、素揚げの魚などをかけていただきます。もちもちさというか、みずみずしさが出ています。

アチェケ、ジェゲ、トゥル ...マリ

マリ料理
アチェケはキャッサバ粉から作った粒状のもので、クスクスの大版といったところでしょうか、炊くともち米のような食感になります。ジェゲは魚の素揚げです。トゥルは細切りの玉ねぎに食材の旨みが移ったアツアツの揚げ油を注いたもので、タレの感覚でおかずにかけていただきます。マリの路上ごはん屋では、このように、主食とおかずをワンディッシュで出すところが多いのです。

Couscous(クスクス) ...モーリタニア

モーリタニア料理
モーリタニアは砂漠の国です。クスクスは砂漠食なので、モーリタニアでも何度も食べました。パスタにするセモリナ粉が粒状になったもので、ソースをかけていただきます。なお、西アフリカのごはんでソースというのは、煮込みやシチューのことを指す言葉です。

CousCous(クスクス) ...モロッコ

モロッコ料理
大好き!クスクス!! 粒状のパスタをふかして主食として食べるもので、煮込みがかかっています。砂漠の民の、大事な食事です。

next »
【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。