世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

Casse croute(キャスクルート)またはsandwich(サンドウィッチ)、Porc au sucre(ポフコーシュクレ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
バゲットに具を詰めたサンドイッチで、フランス語ではキャスクルート、外来語の定着としてサンドウィッチとも呼ばれます。手前はトン(Thon、まぐろという意味ですがシーチキン缶でした)、奥が「ニューカレで大人気なんだけどフランスでは見かけない」とフランス人が言う、ニューカレ色あふれるポフコーシュクレ(Porc au sucre、豚の砂糖醤油煮、美味しい!お勧め!)です。

Cous cous(クスクス) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
粒状のパスタをふかしたものがクスクスで、煮込み料理などをかけていただきます。北アフリカから宗主国フランスに渡り、フランス領ニューカレドニアにも根付いた、世界規模の美食の一品です。ここでもクスクスとソースのセットが簡単に手に入ります。

Pot-au-feu(ポトフ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
「火にかけた鍋」という意味をもつ、ポトフ。つまりはじっくり鍋で煮込めば何でもポトフなのですが、シチューやカレーのようなどろっとした汁にはしないで、すっきりと作るのが一応の原則です。写真はカボチャや肉を煮込んだもので、パンを添えてワインと共にいただきました。

Fondant au chocolat(フォンダンオーショコラ)またはMi-cuit au chocolat(ミキュイオーショコラ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
フォンダンはとろける、ミキュイは半分調理、という意味の、世界に名高き極上ケーキ! スプーンを入れると中から液状チョコレートがどろりと出てくる「半生さ」が絶品です(中心にチョコレートを入れているわけではなく、中心に火が通っていないケーキということ)。作るときはカカオ80%以上の上質のチョコレートを使うことが美味しさの秘密。写真はアイスクリームを添えています。

Fromage(フロマージュ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
フランス、ワイン、ときたらやっぱりチーズ! フランス本土のもの(≫こちら)がごっそり輸入されています。

Rouleau de printemp(ウーロポワトンまたはフロウドゥプラントン) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニューカレドニアにベトナム人が多く移住してきた背景より、ベトナミーズが作る生春巻きはフランス系住民も含めて国民的スナックになりました。地元のベトナム系の人の発音では「ウーロポワトン」、フランス人の場合は「フロウドゥプラントン」のように聞こえます。揚げ春巻きを別途紹介したのは(≫こちら)、あちらは別の名前で呼ばれ決して混同されないという理由から。

Nem(ネム) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニューカレドニアのベトナム系の人が作る揚げ春巻きはフランス系住民も含めて国民的スナックになりました。生春巻きを別途紹介したのは(≫こちら)、あちらは別の名前で呼ばれ決して混同されないという理由から。写真はカニ肉や春雨、ネギなどが入った美味しい春巻きでした。

Baimoa(バイモア)とManioc(マニオク) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニューカレドニアの本来の先住民カナカ(メラネシアン)の料理は、本来のニューカレドニア料理と言えるかもしれません。写真は貝のみじん切りの水煮(あまり味付けがされていない)とゆでたキャッサバ芋。素朴だ。

Mwata(ムワタ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニューカレドニアの本来の先住民カナカ(メラネシアン)の料理は、本来のニューカレドニア料理と言えるかもしれません。写真はマニオク(キャッサバ芋)とココナッツ(内壁の白い部分)のすりおろしを混ぜて大きめの葉に包んで蒸したもの。ほんのり甘い「いももち」は、フィジーのタビオカロボ(≫こちら)やウォーリスのタオファンゴンゴ(≫こちら)そっくり。

croissant(クロワッサン) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
フランス語で三日月という意味をもつパン。フランスのパンの代表選手です。パイ生地のように薄い生地が何層にも重なっていて、豊かなバターの風味とさくさくした食感が本当に美味しいです。ちなみに日本語になっているパンはフランス語でもpain(パン)と言いますよ。

Baguette(バゲット) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
お店でまだ温かいうちに買うバゲットパンをいただくと幸せになれます。ニューカレドニアはフランス領、フランス人が愛してやまない基本のパンが、ここでも基本です。

Niaouli(ニアウリ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニアウリはニューカレドニアの国花で、樹液からはユーカリに似た刺激臭をもつ精油が得られます。ニアウリは日本ではアロマテラピーオイルとして知られますが、ニューカレドニアでは、花から蜂蜜を取ったり(写真)、精油を料理のソースに添加(エビとの相性が良い)してするなどしています。なおハチミツは樹液由来ではない(精油を含まない)ので刺激臭はしません。

Sirop(シホ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニューカレドニアでは家庭で柑橘シロップが作られてきました。ニューカレレシピブックによるとオレンジなら12個に対して砂糖1kgを加えてシロップ状にします(写真は市販のパンプルムッス(グレープフルーツ)シロップ)。冷水で割って飲みます。暑い日に最高の喉越しです♪ Siropをシロップと言っても通じない、シホというほうがまだ近い。

Cafe au lait(キャフェオーレ) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニューカレドニアに行ったことのある外国人、みんな言う。「朝はカフェオレをボウルで飲むのよね~」と。香り高い美味しいコーヒーにふわふわに泡立てたミルクを乗せた幸せボウル。お砂糖の量はお好みで♪ ニューカレドニアですもの、朝からキャフェオレマダム/マドモワゼルを堪能しましょう!

Cafe Melanesian(キャフェメラネシアン) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
ニューカレドニアの先住民族(現在も混住している)はメラネシア人です。その名を冠したコーヒーは、濃いコーヒーが好きなフランス系の人々にも愛されていました。フランス人ってよくコーヒーをプランジャーで淹れるよね(写真にある、粉を入れてお湯をさして成分を抽出し、上からメッシュを押してコーヒーがらを分離する器具)。

Vin(ヴァン) ...ニューカレドニア

ニューカレドニア料理
フランス領ですから、やっぱりワイン(≫こちら)。やっぱり外せないその土地の文化です。人々は、本当に気軽にワインを楽しんでいます。

【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。