世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

Kieneji(キェネジ)またはMukimo(モキモ) ...ケニア

ケニア料理
キェネジはスワヒリ語、ケニアの最多民族であるキクユ族の言葉ではモキモと言います。農耕民族キクユ族は野菜や豆を本当にいっぱい食べるのですが、その典型的な食事と言えるでしょう。カホロラという葉野菜で緑に染まったマッシュポテトに、甘くないコーン粒を加えたもの。写真はきれいな緑色ですが、キクユ族の家庭でいただいたときは、葉のみじん切りが混ざっていました。

Nyama Choma(ニャマチョマ) ...ケニア

ケニア料理
ケニアには遊牧民がいたことから、肉をもりもり食べる習慣が根付いています。ニャマチョマは英語で「meat roast」、つまり焼き肉のこと。大きな塊をドンと焼いて、客の前で切り、そのまな板の上から直接食べます。主食のウガリをつけることもありますが、ニャマチョマを食べるときはピリピリ(輪切り唐辛子のような辛いもの)と塩だけ。あまり野菜は登場しないようです。

Matumbo(マトゥンボ) ...ケニア

ケニア料理
ナイロビに滞在した間、マイッタ! マトゥンボにはハマリました! 胃の粗切りのシチューです(写真は牛の第3胃、いわゆるセンマイを使用)。くさみなどなく、旨みいっぱいのモツ煮は人気の品なのか、早い時間になくなるお店が多いように思いました。

Karanga(カランガ) ...ケニア

ケニア料理
わーい♪ 肉じゃがだー♪ と、嬉しくなってしまうカランガです。牛の角切り肉をたっぷり使っています。少々のトマトが入っている場合もあるのですが、何しろ肉とじゃがいもの味が引き立っているので、まさに肉じゃが味! なのですよ。

Beef Soup(ビーフスープ) ...ケニア

ケニア料理
ケニアの食として、ビーフシチュー(トマト系シチュー)もポピュラーなのですが、もしビーフスープを見かけたら是非食べてみてください。骨付き塊肉を煮たシンプルうまうまスープ。少々の玉ねぎみじん切りと塩味しかつけていないと思うのですが、透明スープなのにうまうまで、しかも肉が驚くほど柔らかいのです。

Pilau(ピラウ) ...ケニア

ケニア料理
いわゆるピラフのこと。タンザニア版はクローブやカルダモンなどのスパイスが使われていましたが、ケニア版はスパイシーではなく、肉の旨みで味を決めている感じがしました。大好きなケニア料理の1つです。

Sukuma(スクマ) ...ケニア

ケニア料理
ケールの葉(キャベツ外葉のような硬い葉)を細かく刻んでトマトや玉ねぎと共にソテーしたものです。野菜不足かな? と思う体調にはうってうけですね。個人的には、ワリ(ごはん)やチャパティ(アラブ薄パン)よりもウガリ(とうもろこし粉を炊いたもの)と一緒にいただくと美味しいと思います。

Githeri(ギゼリ) ...ケニア

ケニア料理
豆とコーン粒を炊いたものを、ギゼリと言います(写真ではキャベツソテーとゆでじゃがの間に置かれているものです)。安価なおかずとして庶民に好まれているのが、良いですね。写真はギゼリに肉シチューをかけた、ちょっぴり豪華版。

Ugali(ウガリ) ...ケニア

ケニア料理
ケニアのウガリは日本でも有名ですね。ここもやっぱりウガリです。とうもろこしの粉を炊いたもので、タンザニアのウガリ、ウガンダのポショ、モザンビークのシマ、マラウィのンシマ、ナミビアや南アのパップなどと同じもの。アフリカに広く共通する主食は、ここケニアがその文化の北端となります。

サモサ ...ケニア

ケニア料理
スワヒリ圏のケニアですから、サモサは当然(?)その土地の食として根付いています。ひき肉や玉ねぎのソテーが具に入った三角揚げ春巻き、のようなもの。

Uji(ウージ) ...ケニア

ケニア料理
麦の粉で作った葛湯のようなとろみドリンクです。冷めていると、とろんとろんとした食感が心地よい♪ 大きなボウルに入っているものはウージジェレUji jere(写真)、小さなカップだとウージマグUji Mugと呼ばれます。

Kingfisher(キングフィッシャー) ...ケニア

ケニア料理
ケニア出身の、イチゴワインです。コンゴ民主の旅をしていたとき、私たちをもてなしてくれたベルナデットおばさんが宿のレストランでこれをよく飲んでいたので、「ケニアに行ったら絶対これを飲む!」と、あづさのケニア旅の目標の1つになっていたものです。甘みがくどくなく、冷えた1本はほどよいアペリティフ。

【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。