世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

シクワングorチクワング ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
乾燥マニオク粉にお湯を加えてもち状にし、葉でくるんで蒸したもので、カメルーンのバトン(≫こちら)、コンゴ共和のヤカ(≫こちら)など周辺国に同様の食べ物があります。ともあれこのテの食べ物を見ると、今私たちは中央部アフリカを旅しているのだなと、つくづく実感することができます。マニオク好きには毎日でも食べていたい、美味しい逸品です!

Maragi(マラギ) ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
玉ねぎと油が加わった煮豆です。小豆(あずき)の味とヤシ油の風味がするだけで、塩味すらついていないので、好みで塩をかけ、ワリ(ごはん)やブガリ(マニオクのもち)と共にいただきます。私たちは、このテの煮豆類が続くことはあまり好きではないのですが、朝食にはこれしか出さないお店も多く、結局なんだかんだと「その土地の食」に漬かっています(^^ヾ

Bugali(ブガリ)or Ugali(ウガリ) ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
お隣タンザニアのウガリ(≫こちら)がとうもろこし粉にお湯を加えて練ったものであるのに対し、コンゴ民主のブガリ(時にウガリとも呼ばれる)はマニオクの粉から同様の作り方をしたものです。マニオク粉を使うとねっとりしていても口の中でさらりと溶ける食感が得られ、私たちの大好物なのです。写真はNyama(ニャマ、肉のトマト煮込み)と一緒にいただいています。

Samaki(サマキ) ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
サマキは魚という意味です。コンゴ民主でサマキをいただく機会は多く、なまずのトマト煮、大きな白身魚の焼き魚、白身魚切り身のトマト煮、ポワソンサレー(塩漬け魚を干したもの)のやし油煮(写真のもの)、ポワソンサレーのトマトオニオン油煮などをいただきました。

ソンベ ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
マニオクの葉をどろどろに煮たもので、ポピュラーな庶民の食です。泊めていただいた家では、ネギとマニオクの葉をたっぷり臼に入れ、杵でつき、鍋に入れて水と固形コンソメ少々を入れて蓋をし、あとはひたすら炭火の上でぐらぐら煮ていました。ごはんにかけたり、ブガリに添えたりして、ビタミンいっぱいのソンベはいつも家庭で食べられています。

オムレット ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
今回の旅で、カフェレストラン、ホテルレストランといった中級以上の場所で朝食をいただくとき、必ず、トマトと玉ねぎが少し入ったオムレツが出てきました。塩加減も油加減も絶品で、日本に帰ったら真似しようと誓ったほどのお味でした。オムレツ自体の色も驚くほど濃い黄色なのです。これはコンゴ民主の卵の質によるものです。それにしてもうまかったー♪

アボカド ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
何がなくとも、コンゴではアボカド。ジャングルの食の代表格こそ、この国に合っているとさえ思います。この写真のアボカドはバーレストランの厨房を 強引に 堂々と借りてサラダ仕立てにしましたが、ただの2つ割りを、別途紹介するシクワングと共に食べることこそ、コンゴ民主らしさ満点の食し方と思います。ともかくコンゴのアボカドったら美味しいんですよ。

Primus(プリミスorプリムス) ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
コンゴ民主に来たらこのビールが欠かせません。720mL大ビンが1USドルくらいで飲めるのは嬉しいね。左のビンはかつてザイールという国であった頃の名残。コンゴ民主と改名した現在ではそれに右ビンのようにラベルシールを張っています。なお、フランス語では「u」は「ウ」と発音しませんので、「プリミス」と言ったほうが現地発音に沿っています。

Takengo(タケンゴ) ...コンゴ民主

コンゴ民主料理
西~中央部アフリカを旅していたら、コーラナッツ(≫こちら)を見かけたことがあるかしら。パッケージに描いてあるコーラナッツと生姜と黒コショウをアルコールで抽出した、コンゴ民主北東部の町ベニ出身の健康ワインです。色は真っ黒、お味は「これはコンゴ版養命酒ね!」と思うもので、食前にキュッと飲むと胃がすっきりする感じです。

【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。