世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

Calaloo soup(カラルースープ) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
ビンセントで絶対食べたかったのが、このカラルースープ。このページでもよく登場するダシーン(サトイモのような植物)の葉をミキサーでどろどろにしたものを加えたスープです。具にはじゃがいもバナナスウィートポテトヤム芋に、ダンプリング(すいとんのようなもの)、そして風味だしの少々のにんじん玉ねぎ。青臭くなく、カラルーはまろやかさと旨みを増していると思いました。

Pelau(ペラウ) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
カリブ海南部諸国で見られるペラウ。語源はピラフと同じだと思われますが、味の濃さや重さの点がこちらは特徴的です。厨房に作り方を聞いたところ、まず油に砂糖を入れてカラメルを作り、水を足して鶏を煮、チキンに色がついたらシーズニングやケチャップを加えて野菜と米を入れて炊き上げるそうです。

Roti(ロティ) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
もと英領のカリブ海の国ですから、ロティ、あります。私たちはRoti-Chicken(ロティチキン)とRoti-Liver(ロティリバー)をいただきました。小麦粉を練って薄焼きにしたふわふわの皮に、ふかしじゃがいもと鶏またはレバーのカレー煮をくるんだものです。お腹にたまる軽食です。

Rice & Peas(ライスアンドピーズ) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
カリブ海で、これでもかというほど食べまくってきた、赤豆炊き込みごはんです。

Baked Chicken(ベイクドチキン) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
オーブン焼きの鶏です。オーブン焼きだと肉汁がソースになり、無駄にならないのがいいですね!

マカロニパイ ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
カリブ海南部で見る「パイ」とは、日本人にとっては意外なことにグラタンを意味します。今回いただいたのは、よくゆでたマカロニに少しホワイトソースをまぶして粉チーズをふって押して表面を焼いたものです。お弁当のおかずに作りたくなる、冷めても美味しい パイ グラタンでした!

Provision(プロビション) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
カリブ海南部にやってくると、プロビションにお目にかかれます。プロビションとは「食糧の供給」という意味をもつ英単語。プランテーン(バナナ)、ダシン(タロイモ)、その他今回はいただいていませんがじゃがいもやさつまいもなど、お腹にたまる炭水化物類を総じてこう呼びます。何がなくともプロビションがあれば生きていけると、カリブ海の奴隷時代から存在するものなのでしょうか。

Lunch(ランチ) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
名はランチでも、実は一日中売られている、ごはんとおかずの盛り合わせです。Pork-Lunch(ポークランチ、写真右)といえば豚料理のセット、Fish-Lunch(フィッシュランチ、写真左)は魚料理のセットです。

Very Strong Rum(ベリーストロングラム) ...セントビンセント・グレナディーン

セントビンセント・グレナディーン料理
ベリーストロング! アルコール度数84.5%は脅威的でした。何しろ、ちょっと飲むと酔っ払いますからね。これだけアルコールが多いと他の成分が少ないかと思いきや、コクとなる甘みも残っていて、味がありました。アルコール度数が高すぎて、ある意味危険物。飛行機には手荷物にも預け荷物にもできないそうです。つまり、この土地でしか飲めないツワモノの酒!

【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。