世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

Vary(ファーリ)とRomazava(ルマザーバ) ...マダガスカル

マダガスカル料理
この国の主食はお米です。写真は安食堂の典型スタイルで、ファーリ(ごはん)、肉おかず(写真はプティケーニャ)、ラヌフラ(おこげ茶)、サカイ(辛いペースト)、サラダ(写真はコンコンブル)。そして特筆すべき写真左の「ルマザーバ」です。野菜が入った苦茶のような汁だったり肉のゆで汁だったりするマダガスカル版のお吸い物で、ファーリをゆるめるために添えられます。

Akoho(アクー) ...マダガスカル

マダガスカル料理
アクーは鶏。鶏のトマト煮は食堂メニューの定番で、Akoho saosyまたはAkoho sauce(どちらもアクーソス、ソスはフランス語のソースに由来)とメニューに書かれることもあります。マダガスカル南部では毎日アクーしか食べるものがなく、アクー連続攻撃に遭っていました。なお、鶏のすっきりスープ煮(水炊きのようなもの)に出会うこともあり、これはAkoho ro(アクールー)といいます。

Kisoa(キスー、キソア) ...マダガスカル

マダガスカル料理
キスーはずばり豚という意味。圧倒的に多いのが、トマト少々と共に煮込んだものです。汁と共に供するのでKisoa sauce(キソアソス)とメニューに書いてあることも多いですね。ところでマラガシー(マダガスカル語)では末尾の「a」を読まず「o」を「ウ」と発音するはずなのに、現地の人はキスーと言ったりキソアと言ったりしていました。

Ravi toto(ラヴィトゥトゥ) ...マダガスカル

マダガスカル料理
マニオク(キャッサバ)の葉を臼でついて細かく砕き、鍋の中で豚肉に絡めたものです。ラヴィトゥトゥに用いられる葉はマニオクに限られます。だから、コンゴ民主のソンベ(≫こちら)のような美味しさがあり、これをごはんとあわせていただきます。マダガスカル人に言わせると、「これぞマダガスカルの郷土料理!」だそうですよ。

Potikena(プティケーニャ) ...マダガスカル

マダガスカル料理
ひき肉のそぼろ煮です。これをごはんに乗せていただきます。そぼろごはんですもの、日本人ならきっと大好きな味!

Rano vola(ラヌフラ) ...マダガスカル

マダガスカル料理
マダガスカルの食堂で、注文したおかずと共に出されるのが、このおこげ茶です。ご飯を炊いた鍋にお湯を張ったもので、お鍋もきれいになって一石二鳥ですね。きっと日本人なら好きな味ではないかと思います。なお、ラヌは水という意味なのですが、食堂で「ラヌ!」と注文するとこのラヌフラが出てきます。

Concombre(コンコンブル) ...マダガスカル

マダガスカル料理
いわゆるきゅうりサラダです。田舎の安食堂には、大きなボウルにドンとこのサラダが置いてあります。田舎では鶏か牛のトマト煮込みとごはんだけ、というところが多く、野菜不足を解消するのがこういったサラダなのです。皮むききゅうりとカットオニオンに酢と水と塩と黒胡椒、それだけのことなのにとってもとっても美味しくて、日本でも是非作っていこうと思いました。

ミサオ ...マダガスカル

マダガスカル料理
炒めスパゲティー全般を指す言葉のようですが、圧倒的に多いのが、カレー粉で風味をつけた少々の野菜入り炒めスパゲティーです。塩味はしっかりついていて、カレー風味がこれまた美味しく感じます。青ネギ入りのミサオが美味しいですよ。名前はおそらくベトナム語のMi xao(麺を炒める)から来ているものと思われます。フランスつながりなのですか?

モサキーキ ...マダガスカル

マダガスカル料理
肉の串焼きです。スワヒリ圏のミシカキと同じ語源ではないかと思われます。お肉は小さめなのですが、1串6円ほどで食べられるので、1人10串くらいドンと注文します。

マサガ(生ガキ) ...マダガスカル

マダガスカル料理
マダガスカル各地で、カゴをかついだ歩き売りの生ガキ屋が見られます。1ダース食べても30円といった価格ですから、是非気軽に試してみたいものです。マサガはマラガシー(マダガスカル語)です。フランス語ではユイットールと呼ばれます。

Soupe Chinoise(スープシノワーズ) ...マダガスカル

マダガスカル料理
直訳すると中国の汁、これがマダガスカルに広まっています。店側は予めかんすいなしの白メンに具を乗せておきます。そして客の注文が入ったらアツアツの中華スープを注ぎ、客は好みでサカイ(唐辛子ペースト)や醤油(これが嬉しい!)を注ぎます。鶏ダシ系で美味しいのですが、お店によって当たり外れがあるのも事実です。

フランス料理 ...マダガスカル

マダガスカル料理
かつてマダガスカルはフランスの植民地でした。首都アンタナナリブを始め、都市にはフランス料理店が散見されます。ときたまの本格的なフルコースもいいけれど、写真のような雰囲気の、ワイン片手におしゃべりを気軽に楽しむ、そんなビストロに何度も通うのも素敵ですね。

ムフガスとカフェ ...マダガスカル

マダガスカル料理
ムフガスは水で溶いて甘みをつけた米粉をたこ焼き器のようなもので表裏焼いたもの。ふっくらしていながら、ごはんの甘みが感じられる庶民のおやつです。カフェは濃くて甘いコーヒー。このムフガスは6円、コーヒーは3円というのですから、マダガスカルはちょいとおやつ休憩をするのが気軽に楽しめるのです。

Yaourt maison(ヤウールメゾン) ...マダガスカル

マダガスカル料理
直訳すると「家庭のヨーグルト」。自家製ヨーグルトはマダガスカルの食堂によく置かれています。酸味も甘みもマイルドな、柔らかい味のヨーグルトです。

THB(テーアッシュベー) ...マダガスカル

マダガスカル料理
テーアッシュベーはマダガスカルの国民的ビールです。ピルスナーと表示されたものは普通のビールですが、驚くことに「FRESH」(フレッシュ)と表示されたものは、レモン味のビールなのです。その他フレッシュの中でもミント、ポム(りんご)、フランボワ(いちご)の味もあります。

Vin Gris(ヴァングリ) ...マダガスカル

マダガスカル料理
ヴァングリとは、英語でならグレイワインのことです。マダガスカルのフィアナランツォ近郊のワイナリーで作られます。見た目はロゼのような、ロゼほどは鮮やかでない色のような、そんな感じですね。味は梅酒に似ています。グレイワインは珍しいので、マダガスカルで是非お飲みください。

【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。