世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

Karjalanpiirakka(カーリヤランピーラッカ) ...フィンランド

フィンランド料理
フィンランドの「カレリアのパイ」という意味をもつ伝統パン。リーフ状にフチを折った堅いライ麦粉クレープの窪みに具を詰めてオーブンで焼きます。ごはんを牛乳でゆるめて煮たもの(これが基本形)、それに辛いパプリカパウダーをふったもの、マッシュポテト入りをいただきました。サーモンやムナボイ(ゆで卵マッシュのバター和え)などを乗せれば本格的な食事にもなります。

Ruisleipa(ルイスレイパ) ...フィンランド

フィンランド料理
フィンランドではライ麦パンが伝統的かつポピュラーな主食です。お隣ロシアもそうであるように。写真のようなパンのほか、ドーナツ状に作られたパンもいただきました。味にどっしりとしたこくがあります。

UUNIKALA(ウーニカラ) ...フィンランド

フィンランド料理
民家に招かれ「カチュ、アチュ(Kazu、Azu)、何食べたい?」と聞かれ、「いつも食べているものを作ってほしいです」と答えたらママはこれを作ってくれた。ウーニとカラは、魚とオーブンという意味で、魚の種類や味付けには幅があります。今回は大きなサーモン切り身を、クリームとチーズ(グラインド)をたっぷりかけてオーブンで焼いたもの。ごはんに乗せたらもう最高。

Broilerin Fileeleike(ブロイレリンフィレレイキャ) ...フィンランド

フィンランド料理
下味をつけた鶏胸肉のチキンカツ。ドイツ料理のシュニッツェルの影響を受けた料理でしょうか。ケチャップ&マヨネーズ&チリソースをかけ、オレガノライス、サワークリーム、野菜サラダを添えて。

Nakki(ナッキ) ...フィンランド

フィンランド料理
フィンランド人と会話すると、「フィンランドの食といえばソーセージ」がのぼります。フィンランドにいる間、何度もナッキを食べました。別途紹介しているマッカラの細いバージョンです。

MAKKALA(マッカラ) ...フィンランド

フィンランド料理
フィンランド人と会話すると、「フィンランドの食といえばソーセージ」がのぼります。フィンランドにいる間、何度もマッカラを食べました。別途紹介しているナッキの太いバージョンです。

PUNAJUURI(プナジューリ) ...フィンランド

フィンランド料理
これ、大好きです♪ 短い千切りにしてゆでたビーツとラディッシュという赤い野菜を、マヨネーズとドレッシングで和えた、目に楽しい赤いサラダです。

AURINKO SALAATII(アウリンコサラティ) ...フィンランド

フィンランド料理
アウリンコはフィンランド北部ラップランドの一地名です。パイナップルとキャベツとにんじんのマヨネーズベースコールスローサラダで、黄金色が目にも美味しそうです。パイナップル風味が美味しくて、日本に帰ってからも作っていきたい味です。

ルバーブ ...フィンランド

フィンランド料理
いろんなところで自生している、大きな葉。でも葉を捨てて、茎をいただきます。スライスして生のまま口に入れるとレモン味なのです。ジャム作りにも定番の素材です。ママ、写真撮影用に葉も見せてくれてありがとう♪

SALMIAKKI(サルミアッキ) ...フィンランド

フィンランド料理
フィンランド伝統のおやつです。味は・・・えーと、最初びっくり。ツーリストガイドには「しょっぱくてアンモニア臭のするパティスリー」と書いてある通りなのです。でも、食べているとやめられなくなります。なくなると不思議と恋しくなる、それがサルミアッキ。

【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。