世界230ヶ国で各国料理を学ぶ旅をしました!
写真つきで紹介します

2542料理を掲載。



【国名50音順ジャンプ】

ア行
イスランド イルランド ゼルバイジャン フガニスタン メリカ ラブ首長国連邦 ルゼンチン ルバ ルバニア ルメニア ンギラ ンゴラ ンティグア・バーブーダ ンドラ エメン ギリス スラエル&パレスチナ タリア ラク ラン ンド ンドネシア ォーリスアンドフツナ ガンダ クライナ ズベキスタン ルグアイ 領バージン クアドル ジプト ストニア チオピア リトリア ルサルバドル ーストラリア ーストリア ーランド マーン ランダ
カ行】 
ーナ ーボベルデ イアナ ザフスタン タール ナダ ボン メルーン ンジー ンビア ンボジア 領ギアナ ニア ニアビサウ プロス ューバ ュラソー リシャ ルギス アテマラ アドループ ウェート ック リーンランド リスマス ルジア レナダ ロアチア イマン ニア ートジボワール コス スタリカ ソボ モロ ロンビア ンゴ共和 ンゴ民主
サ行】 
モア 領サモア ントメプリンシペ ンバルテルミー ンビア ンピエール&ミクロン ンマリノ ンマルタン エラレオネ ブチ ブラルタル ャージー ャマイカ リア ンガポール ントマールテン ントユースタティウス ンバブエ イス ヴァールバル ウェーデン ーダン スーダン ペイン リナム リランカ ロバキア ロベニア ワジランド イシェル ウタ 道ギニア ネガル ルビア ントクリストファー&ネイビス ントビンセント・グレナディーン ントヘレナ ントルシア マリア
タ行】 
ークスアンドカイコス ジキスタン ンザニア ェコ ャド 央アフリカ 山東 江蘇 浙江 安徽 福建 広東 湖南 四川 陝西 甘粛 回族 新彊 内蒙古 バル ンマーク イツ ーゴ ケラウ ミニカ共和 ミニカ国 リニダード・トバゴ ルコ ンガ
ナ行】 
イジェリア ミビア ウエ カラグア ジェール ューカレドニア ュージーランド 西サハラ パール ーフォーク ルウェー
ハ行】 
領バージン 領バージン ーレーン イチ キスタン ナマ プアニューギニア ヌアツ ルバドス ハマ ミューダ ラグアイ スラエル&パレスチナ ンガリー ングラデシュ チモール トケアン ータン ィジー ィリピン ィンランド ォークランド エルトリコ ェロー 領ギアナ 領ポリネシア ラジル ランス ルガリア ルキナファソ ルネイ ルンジ 領サモア 領バージン トナム ナン ネズエラ ラルーシ リーズ ルー ルギー ーランド スニア・ヘルツェゴビナ ツワナ ネール 領ポリネシア リビア ルトガル ンジュラス
マ行】 
イヨット カオ ケドニア ダガスカル ラウィ ルティニーク レーシア アフリカ スーダン ャンマー キシコ リリャ ーリシャス ーリタニア ザンビーク ナコ ルディブ ルドバ ロッコ ンゴル ンセラート ンテネグロ
ヤ行】 
ルダン
ラ行】 
オス トビア ヒテンシュタイン トアニア ベリア ーマニア クセンブルク ワンダ ソト バノン ユニオン シア



2542料理を掲載。

マイルール< 掲載マイルール)

①私が実食し味を確認した物のみ
②今回の世界旅で飲食した物のみ
③なんちゃって、はよほど以外ダメ
→チリで食べたチリ料理は可
→米国でチリ料理を食べても不可
④その国を語る外国料理なら可
→チリで食べたスペイン料理は可
 (但しモノによるので検証します)
→チリでイラン料理を食べても不可
⑤食べた全てを掲載する訳じゃない
⑥食事重視!お菓子飲み物軽視
⑦掲載は1ヶ国最大16個
→中国は流石に八大菜系を考慮した
⑧他人の写真は絶対使わない

主撮影機種:
-Nikonデジタル一眼レフ D200
-AR Nikkor 24-85mm 1:2.8-4D
-元写真サイズ3872×2592×24 BPP


「その土地の食」への想い

©2007-11 Azusa

Arepa(アレパ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
ベネズエラの国民食、アレパ。細かいコーンミール(とうもろこし粉)をバター風味を利かせて専用焼き器(アレパパン)で焼いたものです。2cmくらいの厚みがあるので、水平に切れ目を入れて、一緒に提供されたおかず(写真はスクランブルエッグと白チーズ)を挟んで食べるものだそうですが、何も入れなくても風味満点で美味しいから、嬉しい困り物でーす(^^ゞ

Cachapa(カチャパ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
ベネズエラの国民食、カチャパ。とうもろこしの粒が残る粉をほんのり甘く練って鉄板で焼いたものです。写真は「Cachapa con Queso(カチャパコンケソ)」、ほんのり甘いとうもろこし味のパンケーキに、白いチーズが乗っていて、美味しかったです。当然、グワサカカ(≫こちら)をたっぷり塗って召し上がれ♪

Guasacaca(グワサカカ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
うほー♪ ベネズエラの食卓はグワサカカのおかげで美味しかったなー♪ 一言で言えば緑マヨネーズ。ハーブやオニオンの風味が利いていて、どんな料理も美味しくしてしまうのです♪ なおベネズエラでグワサカカといえば、メキシコのワカモレのようなアボカドディップを指すこともあるそうですが、庶民の食堂ではこの緑マヨネーズこそが皆の大事なグワサカカなのです。

Pabellon Criollo(パベジョンクリオージョ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
パベジョンは「国旗」、「クリオージョ」は中南米とスペインの融合を表す言葉ですが、よく「その地元の料理」のような意味合いで用いられる・・・そう!この料理こそベネズエラ人の国民食なんですよ! 別途紹介するメチャーダ(≫こちら)、黒豆煮、揚げバナナ、ごはん、目玉焼きの盛り合わせです。その他チーズが乗ることもあるそうです。

Parrilla Criolla(パリージャクリオージャ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
「パリージャ」は「グリル、網焼き」という意味、「クリオージャ」は中南米とスペインの融合を表す言葉ですが、よく「その地元の料理」のような意味合いで用いられます。グリル焼き肉をメインに、腸詰めやコールスロー、ゆで里芋などが盛り合わせになっています。

carne mechada(カルネメチャーダ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
カルネは「肉」、メチャーダは・・・推測なのですが、「mecha」が「髪の束」という意味なので、髪の毛のような肉料理を表したものではないかと思われます。肉をじっくり、繊維がほぐれるまで煮込んだ美味しい料理です。ベネズエラではメチャーダはサンドイッチの具としても使われるんですよ。

Pollo asado(ポジョアサードまたはポヨアサード) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
「ポジョアサード」とは、「ローストした鶏」という意味をもちます。ガス火でグリルしたものもありますが、エンジェルフォールツアーの夕食では直火(焚き火)でローストした大変に美味しいポジョアサードをいただきました♪ 燻製風味がして、直火はやっぱり美味しいのよね♪

Carne guisada(カルネギサーダ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
カルネは「肉」、ギサーダは「煮込みの」という形容詞です。肉煮込みはよくごはんに合わせて提供されます。

Bocachito Frito(ボカチートフリット) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
川魚一匹フライの美味しさに感動! 衣がコーンミール(とうもろこし粉、アレパの粉と同じ)なのが、一層「カリッ」と感を引き立てていて、是非真似したいアイディアだと思いました。ベネズエラでは魚が奥に位置するよう配膳するのですね。

toston(トストン) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
定食料理の付け合わせの定番の1つが、甘くないバナナ料理トストンです。地元主婦に作り方を聞くと、いったん揚げてからつぶして、もう一度揚げて油をきったものなのだそう。甘くないのでまるでおいもを食べているような食感があります。コロンビアやエクアドルではパタコンとも呼ばれます。

Sopa e Sancocho(ソパエサンコーチョ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
中南米でよく見るサンコーチョとは、多種類の肉野菜が入った美味しいスープのこと。例えばパナマは鶏と決まっているのに対し、ベネズエラでは魚や牛肉、鶏肉などのバリエーションがあります。写真は骨付き牛肉のサンコーチョ。輪切りとうもろこしが良い味を出してくれています。

Perro Caliente(ペロカリエンテ) ...ベネズエラ

ベネズエラ料理
ベネズエラでよく見かけたホットドッグ屋台。ペロは犬、カリエンテは熱いという意味なので、スペイン語圏でも「ホットドッグ」という名のつけ方をするのですね(^^ゞ 温めてあるパンに温かいソーセージとキャベツや玉ねぎのみじん切りを挟んでくれ、あとは客がソース類や粉チーズなどをたんまり乗せていただきます。もちろんベネズエラですからグワサカカで美味しくしてねー\(^o^)/

【世界の料理検索】
きゃ♪これは便利かも!
「ひき肉」と入力すれば世界からひき肉料理のヒントが届き、「スープ」と入力すれば世界のスープ料理のヒントが届きます♪ 冷蔵庫に余っているものも無駄にならないアイディアを発見できそうです。